05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

古くなった精油の捨て方

2012/02/27
小さな小瓶に入った精油。
買ったときは
「すぐなくなってしまうかな?」
なんて思うくらい少量ですが、実際は

古くなっても使いきれずに残ってしまった!

なんてこともよくあります。

一般的に言われる精油の保存期限は
開封後から
かんきつ系精油で半年、
その他の精油が一年。

(ベチバーやパチュリー、ジャスミンなど、時間が経過した方が良い香りになると言われるものもありますが)

トリートメントや手作り化粧品など
肌に直接塗る用途の場合は、これを守ってあげてください。

でも、一年経ったからと言って
突然翌日からダメになるというわけではないので
香りの劣化が特に激しくない場合は
しばらく芳香浴で楽しめます。

私がよくやるのは↓
古い精油をこうやって使ってます

ビンのフタとドロッパーを外して、ムエット(試香紙)などを数本挿して
玄関などの芳香剤にしてしまう方法。

精油がムエット全体に染み込んで、香りが辺り全体に広がります。
単独ではきつすぎたり、イマひとつな香りもあるので
他の精油とブレンド調整することも多いです。


でも香りが完全に劣化してしまった時
これはもう残念ながら捨てるしかありません。

古い精油の処分

そんなときは
ジップロック袋や2重にしたポリ袋に古紙をたくさん入れて
その中に古精油を落とし、しっかり封をしてから
ゴミに出しています。
(環境に配慮して、直接排水口に捨てることはしない方が良いですよ~)


でも精油は1滴分作るのに、原料となる植物を大量に必要とします。
できるだけ期限内に使い切ってあげたいものですね。




スポンサーサイト
23:47 ◇精油の取り扱いについて | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。