09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

セラピスト資格を取るまで その3

2008/10/19
注)これは私がセラピスト資格を取得した時の体験談です。
現在AEAJでは資格制度が変わっておりますので、参考程度にお読みくださいね。


-----------------------------------------------------------------

学科試験に合格したのは年末、真冬の時でした。
残すはボディ全身トリートメント30症例のカルテ審査のみとなりました。
(現在はフェイシャルも必須になっています)

なるべく早くアロマセラピストの認定を受けたいと思っていたのですが、当時住んでいた
自宅ではモデルさんを招いてトリートメントするスペースがなく、こちらから出張の形で
協力していただくしかありませんでした。

でも雪深い北海道の冬にマッサージベッドや道具一式(タオル・精油・キャリアオイルなど)を
車に積んで出張トリートメントを行うのは至難の業!
マッサージベッド無しでやることも考えたのですが、一度友人で試してみたところ、
体重移動がスムーズにできず、ものすごくやりづらかったので断念しました。
部分トリートメントなら全然問題なさそうなのですが・・・。

そんな理由もあり、春が来るのをのんびり待ってから開始することになりました。
学科試験の勉強中からすでに夫や従姉妹に協力してもらい、13症例はこなしていたので
後は楽に進められるかな?と思っていたのですが・・・

春を迎えて出張トリートメントを4症例ほど進めていた矢先、なんと!
突然夫の帯広転勤が決まってしまったのです。
引越しのゴタゴタが落ち着いた頃はすでに秋になってしまいました。

まだ知り合いもいない土地で
「さあ~、これからどうやってモデル探しを始めようか!?」
と最初は途方に暮れました。

お子さんがいる方ならば、幼稚園や学校を通して知り合ったお母さん達にお願いする
というパターンもありますが、我が家には子供がいないのでそれもできません。
夫の会社で働く女性にも頼みましたがそれでも足りず・・・そこで考えついたのが、
トリートメントモデル協力者募集のチラシを作って配る事でした。
買い物に出かけたショップの店員さんなどにも勇気を出して声掛けて・・・
こんなやり方で何とか残りのモデルさんを確保することができたのです。

が・・・それでも自分の思い描く予定通りにカルテは進まないものですね。
学科試験の勉強ならば、朝でも夜中でもとにかく自分の空いた時にできる。
でもトリートメントとなると、協力者あってのものなので、その方との都合が合わないと
2回目3回目の予約もいつになるかわからず、ヤキモキしちゃったこともありました。
家族や親しい友人ならば、多少の無理を言って早く終わらせることも可能だったか
と思いますが・・・。

今これを読んで下さっている方の中に、もしAEAJのアロマセラピスト取得に向けて
勉強中の方がいらっしゃるようでしたら、この辺のタイムロスも考慮した上で
カルテ作成を進めていくことをおススメしますよ。

そんなこんなで少しずつ進めながら、翌年の3月には何とか30症例分を
終えることができました。
最後は先生からのダメ出し(苦笑)を何度も受けながら、6月の審査に間に合わせ
協会に提出。その時はもう
「やったあ~~~!!」って感じで脱力です。

カルテの作成は思っていたよりもずっと大変でした。
内容うんぬんだけでなく、誤字脱字などもしっかりチェックされますので、
まるで校正の仕事をしているかのような気分になることもありました。

それでもカルテ作成を始めた頃より、先生の指導を受けながら少しずつ力が
ついてきたのが自分でもわかり、さらにアロマテラピートリートメントの奥深さに
はまっていきました。
「本当にこれを学んで良かった!」
心からそう思いました。

最初のうちは身内や親しい友人から始めて、後半に見知らぬ方を対象にトリートメントした
のも、セラピスト活動を行っていく上の準備として、今から思えば良かったと思います。
慣れないうちは、知らない方を相手にするのも緊張しますしね。

晴れて合格通知が手元に届いたのは2ヵ月後。
セラピストコースのスクールに通い始めてから合格まで、3年近くもかかってしまったのが
驚きです。

今(2008年現在)、家庭の事情で思い通りの活動ができずにいるのが残念ですが、
せっかく学んできたことを無為に過ごして忘れてしまいたくないし、
それに何より「自分はアロマテラピーに関してまだまだわかっていないことが多い」
という気持ちも強いので、これからもマイペースで勉強しつつ、人に喜んでもらえる
アロマセラピストになりたいな、と思っています。

スポンサーサイト
17:41 ◇アロマ資格を取るまで~私の場合~ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。