05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

旅におすすめの精油~ペパーミント~

2009/04/30
ゴールデンウィークですね!
今日の帯広はいきなり夏日になりました。
つい数日前は雪が降ったり、最低気温氷点下だったりしたのに・・・この激しい気温差にとまどう程。
春というより初夏ですよね、これじゃあ。
北海道の春ってじわじわやってくるんじゃなく、いきなりドカーンと来るのでなんだかもう少し風情が欲しいような気もします。
いや、春が来てくれるだけで充分ありがたいか!?

連休中は旅行、という人も結構いそうですね。(豚インフルエンザの関係で海外旅行は今ちょっと恐い感じ・・・)

私は旅行の時も精油を持参することがあります。
とは言っても、できるだけ荷物は少なくまとめたいので、せいぜい1、2本ですが。

数ある精油の中でも一番役に立ってくれるおススメ精油は何かと言うと・・・
それは ペパーミント です。

ペパーミント精油は、乗り物酔いや海外旅行の際の時差ぼけ改善にもよく用いられます。
辛い時にはティッシュに精油を1,2滴垂らし、しばらくその香りを味わってみてください。

ホテルの室内乾燥が気になるときは、バスタブにお湯を張って蒸気を立ち上らせる、という人は結構いるのではないでしょうか?
そのお湯にペパーミント精油を数滴垂らすと、抗菌力を持つさわやかな香りが広がり、それを吸い込むことによって、鼻や喉の粘膜を守ってくれます。

すでに喉がヒリヒリ、イガイガしている状態でしたら、マグカップにお湯を注ぎ、精油1、2滴を垂らし、目をつぶりながらその蒸気を吸入するとさらに効果的。お顔の保湿にもなります。

また、旅先ではつい食べすぎて胃もたれを起こしてしまったり、歩き疲れて足がパンパンに張ってしまう、なんてことも多いですが、こんな時の対策用としてキャリアオイル(トリートメント用の植物油)も一緒に持参するとさらにペパーミント精油の活用法が増えて良いですよ。
お勧めなのはホホバオイルかマカデミアナッツオイルです。私は100円ショップで買った小さな詰替え容器に移し替えて持参しています。

消化器系の不調には、
手のひらに小さじ1杯程度のキャリアオイルを出し、そこにペパーミント精油1滴を入れて、よく混ぜてから胃腸のあたりを優しくマッサージするようにすり込みます。

足の張りや肩こりには、
上記同様にキャリアオイルでまず希釈し、気になる箇所を手根や指でマッサージ。
足のむくみが気になる場合は、手のひらを肌に密着させたままグーッと心臓の方向へ流すようにすると滞ったリンパの流れが改善され、スッキリしますよ。

・・・と、たった1本の精油だけでこんなにたくさんの用途があるのでとても便利!です。
ペパーミントはこの他にも偏頭痛対策だったり、かゆみの軽減だったり等、かなり実用性が高く、香りもお馴染みなので使いやすい精油です。

旅のお供にぜひ!

スポンサーサイト
23:18 ◇アロマでホームケア | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。