04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

慢性鼻炎をなんとかしたい! その3

2008/12/18
前回紹介した本を書店で探していたら、同じ著者の新たな本が平積みされていました。

「水分の摂りすぎ」はこんなに恐い (健康人新書)「水分の摂りすぎ」はこんなに恐い (健康人新書)
(2008/11/26)
石原 結實

商品詳細を見る

新書で持ち歩きやすいのでこちらを購入してみましたが、
私が飲んでいた漢方薬も紹介されており、水毒を改善させるための食品や運動、
入浴方法なども載っていて参考になりました。
鼻炎以外にも、水毒が原因となって起こりやすい症状や病気は色々あるようで、
この本に書かれているだけでも・・・

冷え、痛み(頭痛・神経痛・関節痛)、肥満、アレルギー、高血圧、血栓症、
頻脈・不整脈、心不全、めまい・耳鳴り、緑内障、てんかん、
γ-GTP高値・肝機能障害・二日酔い・嘔吐、コレステロール・中性脂肪・血糖の高値、
膠原病、ガン、生理痛・生理不順・子宮筋腫・卵巣のう腫、ヘルペス(帯状ほう疹)、うつ病

こ、こんなに・・・!?
必ずしもこのすべての原因が水毒というわけではないのでしょうが、
心当たりがある方は一度目を通してみるのも良いかもしれません。


さてさて、鼻水の悩みが以前より改善されてきた私ですが、
“かゆみ”に関してはまだ時々襲われます。
こんな時には、直接鼻の中に下のどちらかを塗っています。
発作のような鼻水になった時は厳しいですが、軽い程度の時は結構楽になるので
助かっています。

※これらは私個人の体験談として書いています。
同じ鼻炎でも対応策には個人差があるかもしれないのでご了解ください。


★ひとつは精油を使った自家製の鼻粘膜保護クリーム
薬局などで売っている白色ワセリンに精油を混ぜたものです。
私は詰め替えクリーム容器に入れて、いつでも使えるよう持ち歩いています。
<材料>
・白色ワセリン 小さじ2
・精油(ユーカリラディアタまたはユーカリグロブルス1滴+ペパーミント1滴)

白色ワセリンは天然ものではなく、石油から得られる炭化水素類の混合物を脱色・精製
したのものなので、アロマテラピーのスクールで基材として習うことはありませんでした。
でも色々調べてみると、皮膚を保護するという点でなかなかの優れもので、
アトピー性皮膚炎の人からも重宝されているようなので、私は時々使っています。
一般に刺激が少なく安全性が高いようですが、油やけの恐れがある等、
知っておいた方が安心な点もありそうなので、ワセリン専門サイト等でチェックしてみては
いかがでしょうか。

「白色ワセリンの副作用症状と注意点」
http://www.vaseline-nabi.com/


★もうひとつは市販品のこれ↓
花粉鼻でブロック 5g花粉鼻でブロック 5g
(2004/03/01)
不明

商品詳細を見る


フマキラーサイト
http://www.fumakilla.co.jp/press/2004_4_02.html
によると
~成分は、精製長鎖炭化水素。これは高度に精製された特殊ワセリンを数種類配合したもので、
キャッチできる花粉の量は1c㎡辺り最大10万個です。~

とのこと。
花粉やハウスダストをシャットアウトする力がより強そうです。

冬は毎日ストーブを点けて、窓を閉め切り、室内は乾燥しがちでほこりもすぐ溜まるせいか
ムズムズしやすいのですが、なんとかこれらの対策で今年も乗り切りたいです


にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへランキング参加中♪1クリックご協力おねがいします。。
にほんブログ村 健康ブログへ
スポンサーサイト
23:19 ◇過去ブログ倉庫 | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。