03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

おなかのトリートメント

2015/02/25
先週末、
突然理由不明の発熱と頭痛、時々腹痛に見舞われてしまいました。
心当たりもなく???な気分でひたすらダラダラと横になり、

「熱が下がったかな?」
と思っても
また夜になると発熱し…
なんて具合で困惑…。

月曜の朝になると、急に熱は治まったのですが
時々襲うおなかの差し込み痛もあり、
さすがに気持ち悪いので病院へ。

でも、検査を受けてもなんだかはっきりしない結果。(苦笑)
先生もどこか不思議そう。

「白血球の数値が少し高いようなので
やはり何らかの細菌にお腹がやられているのでは?」

なんて対応で、

下痢などもしていないけれど“とりあえず腸炎”てことで
解熱鎮痛剤と抗生物質と整腸剤を処方され、飲んでみたところ…

今度は胃のひどいもたれ感や膨満感に悩まされることに!
+おなかの差し込み痛もまだ残り…
もう、トホホですね


すでに熱や頭痛は治まっていたので
昨夜はおなかのトリートメントをしてみました。

材料は
セサミオイル 10ml
精油は、オレンジスイート2滴、レモン1滴、ペパーミント1滴。


セサミオイルは、解毒作用と加温作用を期待して、
オレンジスイートとレモン精油は、血液循環促進と滞った水分の除去を期待して、
そしてペパーミントも胃もたれ時に効果的なので取り入れて、

これらを混ぜてマッサージ。

するとびっくり

おなかがすごい痛い!
(おへそ回りと右下腹部が)

そして硬く張っている。

今までこんな状態だったことはまずなかったので、焦りつつも

胃の周りや下腹部をゆっくり丁寧に
硬いところはやさしくもみほぐすように
そして
左右ウエストから脚の付け根にある鼠径部リンパ節へと
中の水分を移動させ、
終了。

「お、少し軽くなった感じ♪」

寝苦しさもなく、睡眠もしっかりとれました。


そして今朝、もう一度同じトリートメントを行うと
お恥ずかしいですが、すぐに便意を感じ、トイレ3回(笑)

その後、かなり楽になりました~~!
悪いものも出て行ってくれたかな。

東洋医学でも
「按腹(あんぷく)」と言って、お腹をマッサージする治療法があるようです。
胃腸が十分働いていない時は、
やはりおなかが硬くなり、しこりが出来ていたりもするようで。


あ、こういう硬さやしこりに関しては
オイルを用いることで、より感触的につかみやすくなるので
本当におすすめです。
肩こりなんかも同様ですよ。

普段から便秘がちな方などは
お腹専用ブレンドオイルを多めに作っておいて
毎日就寝前にトリートメントしてあげるのも良いですね。
その際は、マージョラムやローズオットー精油も適しています。


今回はしんどかったけれど
おなかトリートメントの素晴らしさを再確認できたのは
ひとつ嬉しい事でした。


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
19:40 ◇アロマでホームケア | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。