05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

デング熱とアロマ蚊よけ対策

2014/09/14
北海道はすっかり涼しくて、ナナカマドの実も葉も赤く色づいてきました。

こちらではもうにさされることはなくなりましたが
まだ高い気温になることもある本州では、
今しばらくデング熱の予防が必要そうですね。

ドラッグストアなどでは、虫除けグッズがバカ売れしているのでは?

アロマテラピーでできる蚊よけ対策としては
蚊が嫌がる匂いを放つ成分を含む精油でスプレーやジェル剤などを作って
肌に塗布する方法が一般的です。

その代表的な成分と、多く含む精油は・・・

・シトロネラール
(レモンユーカリ、シトロネラ、レモンティートリー等)

・シトラール 
 (レモングラス、リトセア、レモンティートリー等)

・ゲラニオール 
 (パルマローザ等)

・1,8-シネオール
 (ユーカリグロブルス、ユーカリラディアタ、カユプテ、ニアウリ、ラヴィンサラ、ローズマリーシネオール等)

・カンファー 
 (スパイクラベンダー、ローズマリーカンファー等)

・オイゲノール 
 (クローブ等)

・シトロネロール
  (ローズオットー、ゼラニウム、レモンユーカリ等) 



ブレンドはせず単体使用であれば、シトロネラがまずはおススメです♪

また、上記の精油の中には、取扱いに注意が必要な上級者向けのものも含んでいます。

アロマ初心者さんは
以前紹介したこちらの↓虫除け記事も参考にしてみてくださいね!
スプレーやジェルの作り方も紹介しています。
http://palmarosa08.blog105.fc2.com/blog-entry-122.html




・・・で、本日書きたかった本題はなんとここから!笑

実は先に紹介したものより強力な蚊よけ効果のあるものを見つけました。
それは・・・

p-メンタン-3,8-ジオール
という天然の成分。

去年買っておきながら、まだ途中までしか読めていなかった手持ちの本に
紹介されていました。(遅すぎる発見・・

サイエンスの目で見る―ハーブウォーターの世界サイエンスの目で見る―ハーブウォーターの世界
(2009/04/10)
井上 重治

商品詳細を見る


ドラッグストアなどで市販されている虫除けスプレーの主成分は
「ディート」というもので、
天然精油の蚊よけ効果よりもパワーが強いのですが
安全性の面では問題視されているところもあり
カナダなど一部の国では販売規制されていたりするようです。

p-メンタン-3,8-ジオールは、天然植物に含まれる成分でありながら
蚊よけ効果はそのディートに匹敵するとのこと!


ただこの成分は精油にはほとんど含まれておらず
精油を水蒸気蒸留する際に同時に得られる
芳香蒸留水(フローラルウォーター、ハーブウォーター)に含まれているようです。
水に溶ける成分ということですね。

中でも特に多く含んでいるのが
レモンユーカリウォーター
(書籍データでは36.6%)

ユーカリ・レモン ウォーター KENSO無農薬有機栽培ハーブウォーターフローラルウォーター(芳香蒸留水)ユーカリ・レモン ウォーター KENSO無農薬有機栽培ハーブウォーターフローラルウォーター(芳香蒸留水)
()
KENSO

商品詳細を見る


レモンユーカリは精油でも芳香蒸留水でも
どちらも蚊よけに有効なんですね~。
すごい!

芳香蒸留水は、精油のように薄めたりせずそのまま使えるので便利ですね。

植物の脂溶性成分を含む精油と、水溶性成分を含む芳香蒸留水
同じ名称のものでも香りはかなり違ってきます。

私はまだ使ったことがないですが、
来年の夏はぜひ試してみたいと思います


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

<追記>
なんと、みなさまお馴染みの「虫コナーズ・キッチン用」にすでに
p-メンタン-3,8-ジオールが使用されていたのですね~。
し、知らなかった!!




スポンサーサイト
17:43 ◇アロマでホームケア | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。