07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

更年期とアロマ・ハーブ 【スターアニス他】

2013/06/28
ピエール・フランコム氏がお勧めする、更年期症状に向く精油の続き、
最後はスターアニスです。

これに含まれている「トランス‐アネトール」という成分に
エストロゲン様のはたらきがあるため、低エストロゲン状態の時に向く精油です。


実はトランス‐アネトールを含んでいる精油は他にも
アニスシード、フェンネルがあり、同様に使えるので
まとめて紹介しますね!



【スターアニス】
別名:ハッカク(八角)、ダイウイキョウ(大茴香)、ハッカクウイキョウ(八角茴香)、トウシキミ(唐樒)
学名:Illicum verum
科名:モクレン科(シキミ科と書かれている書籍もあり)
精油の抽出部位:種子(果実)
精油の抽出方法:水蒸気蒸留法

これは中華料理の香辛料としてもおなじみの植物ですね。
まず浮かぶのは・・・豚の角煮!

というわけで消化促進、健胃効果などもあるのですが、これも主にトランス‐アネトールによるはたらきのようです。
漢方薬の材料としては「大茴香」の名で知られています。

中国南部~インドシナ方面に自生する大木で、ヨーロッパに渡ったのは16世紀になってから。
次に挙げるアニスと香りや効果が似ていて、星のような形をしていることからスターアニスと呼ばれるようになったようです。



【アニス】
学名:Pimpinella anisum
科名:セリ科(一年草)
精油の抽出部位:種子(果実)
精油の抽出方法:水蒸気蒸留法

こちらの原産は中東、南西アジア。
古代エジプトやギリシャ、ローマでも用いられていた歴史の古い植物です。

パンやお菓子に混ぜたり、薬草酒(リキュール)の材料に用いたり、また口の中をさわやかにしてくれるので、ねり歯みがきやマウスウォッシュなどにも使われています。



【フェンネル】
別名:ウイキョウ(茴香)、ショウウイキョウ(小茴香)
学名:Foeniculum vulgare
科名:セリ科(多年草)
精油の抽出部位:種子(果実)
精油の抽出方法:水蒸気蒸留法

原産は南ヨーロッパ地中海地方。
ということで、こちらも古くからヨーロッパでおなじみの植物です。
古代エジプトではすでに栽培が行われていたそうです。
今は、身近なところではカレーやピクルスなどのスパイス、お菓子の風味づけなどにも使われていますよね。

中国でも古くから用いられ、「小茴香」の名で漢方薬にも配合されています。
スターアニスが「大」で、フェンネルが「小」なのは、単純にその大きさからくるのでしょうね。
モクレン科とセリ科と、科名は違えど香りや効果が似ている・・・まるで兄弟みたい!?



成分のトランス‐アネトールに戻しますが、
3種とも、どれも高い割合で含んでいます。
エストロゲン様作用の他に、消化促進・健胃作用、鎮静作用、去痰作用なども備えているパワフルな精油ですが、薬理的作用の高いものは注意深く使う必要もあります。
アロマテラピー中級以上の方向きですね。


<スターアニス、アニス、フェンネル精油の禁忌&注意事項>

・神経系や肝臓に影響を及ぼしやすい性質なので、身体に塗る場合は薄い濃度に希釈して使う。
・同じ理由から、長期間の連続使用は避ける。
・同じ理由から、乳幼児の使用は避ける。
・ホルモン調整作用があるため、以下の人は避けた方が良いです。
 経口避妊薬を使用している人
 ホルモン補充療法を受けている人
 妊娠中・授乳中の人
 乳がん・子宮がん・卵巣がん・子宮筋腫・子宮内膜症がある人

※精油は成分が高濃度なため、注意事項がありますが、ハーブとして食事やお茶、お酒などで摂る場合は上記のとおりではありません。
普段から意識的に食生活に取り入れてみると良いと思いますよ
スポンサーサイト
16:34 ◇アロマでホームケア | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。