09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

更年期とアロマ・ハーブ 【クラリセージ】

2013/06/02
次回からの続き、今回は低エストロゲン状態に向く精油です。


【 クラリセージ 】
学名:Salvia sclarea
科名:シソ科
精油の抽出部位:葉と花
精油の抽出方法:水蒸気蒸留法



クラリセージは鎮静効果が高く、リラクゼーションに最適な精油です。
と同時に「スクラレオール」というエストロゲン様作用をもつ成分を含んでいるため、
更年期の低エストロゲン状態に香りを吸入したり、お腹や腰をトリートメントしたりするのがおススメです。

もちろん、他のホルモンバランス失調が原因の月経に関する問題(月経前症候群、月経不順など)にも
よく用いられます。

植物に含まれる天然のホルモン様物質は、
身体が造り出すホルモンやクリニックで処方されるような合成ホルモンと違って、
かなり穏やかな作用を示すようです。


<クラリセージ精油の禁忌>
ホルモン調整作用があるため、これらの人は避けた方が良いです。
・経口避妊薬を使用している人
・ホルモン補充療法を受けている人
・妊娠中・授乳中の人
・乳がん・子宮がん・卵巣がん・子宮筋腫・子宮内膜症がある人


そしておひとつ注意事項ですが

「お酒を飲む時には使用しない」
場合によって悪酔いしてしまう恐れがあるのです。

あと、集中しなければいけない時も避けましょう。

日常的には、
まったりリラックスしたい時、就寝前などに向いている精油ですね。


次回はアンジェリカのご紹介をしますね!
スポンサーサイト
17:23 ◇アロマでホームケア | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。