03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

それでも虫に刺されてしまったら

2012/08/08
前回は虫よけ効果のある精油をご紹介しましたが・・・

「それでも刺されちゃった~~!」

とお嘆きのあなたに向けた補足編もUPしますね♪


虫刺されって、子供の頃はたくさんできても
回復が早かったと思いませんか?

それがいつのまにか・・・
大人になり、
歳を重ねるうちに

基礎代謝が落ち
お肌のターンオーバーも遅くなり
虫刺されの回復も遅くなり
治った後も色素沈着がしつこく残ったり・・・

うわあ・・・


と、嘆く前に
皮膚が少しでも早く元どおりになるよう
サポートしてくれるアロマ対策をしてみましょう!

そのオススメ精油は
日焼け肌向きとしても最近ご紹介したラベンダー(詳しくはこちらをどうぞ)
そして
ティートリーです。


ティートリーもご家庭に1本常備しておくと実用的でお助けになる精油です。

冬場は風邪など感染症の予防として評判ですが
夏は虫刺され後のスキンケアとしても使えるんですよ。

オーストラリア原産で、元々は先住民族の人たちが傷薬として用いていた植物なのですが
現在では、葉に含まれるテルピネン-4-オールという成分に、すぐれた消毒殺菌作用や抗炎症作用があることがわかっています。


これらの精油でスキンケアオイルやジェルを作ってみませんか?

ラベンダー&ティートリーのブレンドにするのが相乗効果も期待できてオススメです。
特にティートリーの香りは、それ単体ではちょっと“美しく心地よい香り”という感じではないですが、ブレンドによって良い具合に生まれ変わりますよ。



●虫刺され後のスキンケアオイル

材料(10ml分)
・ボディ用なら→植物油10mlに対してラベンダー1滴+ティートリー1滴(1%濃度)
・顔専用なら→植物油20mlに対してラベンダー1滴+ティートリー1滴(0.5%濃度)

これらを混ぜ合わせ、気になる部分に塗ってください。

植物油はホホバやマカデミアナッツ油などベースになるものに
カレンデュラオイルを10~20%ほど加えてあげるとさらに効果的です。
(ホホバオイル8ml+カレンデュラオイル2mlなんて具合で)


●虫刺され後のスキンケアジェル

材料(20ml強分)
市販のジェル基材 20ml
ホホバまたはマカデミアナッツ、またはカレンデュラ浸出油 2ml
精油 2~4滴(ボディ用なら4滴、顔用なら2滴)


こちらも混ぜ合わせるだけです。

ジェルはキサンタンガムと水を使っても作れますが、
ネット通販などで売っている市販品を常備しておくと日持ちもして便利ですよ♪
(でも保存はやはり冷蔵庫でね)

私がよく使っているジェルベースはこちら。



私は1日に3~4回塗っていました。
かゆみが消えた後も、色素沈着予防のためにはしばらく続けてあげた方がベターだと思います。
この場合はラベンダー単体でも十分ですよ。


ラベンダー&ティートリーの組み合わせは
夏に限らず一年中役に立つので
ぜひ活用してみてくださいね♪

スポンサーサイト
11:54 ◇アロマでホームケア | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。