07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

夏に出番の多い精油たち 虫よけ編

2012/08/06
や海へとアウトドアが楽しい季節は虫刺されにも要注意ですね。
虫よけ対策は万全に!


精油にも虫(特に蚊)が嫌がる香りを放つものがあります。
その代表的なものは
シトロネラールやシトロネロールという成分が含まれている

ユーカリ・シトリオドラ(レモンユーカリ)
シトロネラ
ゼラニウム


そして上記より少し落ちますが
レモングラス

これらの精油で虫よけスプレーやジェルがかんたんに作れますよ♪

ゼラニウムは好きな方も多いので単体でも大丈夫ですが
他の精油、特にユーカリ・シトリオドラは
一般的に用いられているユーカリ(グロブルス種やラディアタ種)と違い
主張の強い独特の香りを放つので、単体ではきつく感じてしまう人も多いです。

含まれる成分的にも、多量使用は皮膚刺激の注意が必要となるので
他の精油とブレンドして心地よい香りにするのがオススメです♪

他のオススメ精油は
ペパーミントやハッカ、
ラベンダー
ユーカリ・グロブルス、ユーカリ・ラディアタ
ティートリー

など。

虫よけ効果はあるけれどちょっと弱いので、最初に紹介した精油の補助として加えてあげると
香りの質もぐん!と良くなり使いやすいです。



虫よけボディスプレー

材料(50ml分)
エタノール 5ml
精油 10滴
精製水 45ml
50mlスプレー容器


作り方は基本のローションとほぼ同じです。
使う前に毎回よく振ってあげてください。

肌にはつけず、空間や網戸などのスプレーとして使う場合は精油を20滴くらいに増やしても大丈夫。
保管は冷蔵庫で。半月くらいで使い切ってくださいね。

私がよく作るブレンドは
ユーカリ・シトリオドラ2滴+ゼラニウム3滴+ペパーミント2滴+ラベンダー3滴

肌が弱い方はユーカリ・シトリオドラをシトロネラかレモングラスに替えてみてください。
(体調によって敏感肌になることがある私でも大丈夫でしたが念のため)

虫はとにかく香りを嫌がって近寄らなくなるので、香りが薄すぎたり消えてしまってからは効果がなくなります。
時々吹きつけてあげましょう。



また、スプレーの場合、香りの持続性は低めなので
ジェルに混ぜ込んだものを肌に塗るほうが長持ちすると思います。

虫よけボディジェル

材料(20ml強分)
市販のジェル基材 20ml
ホホバまたはマカデミアナッツ油 2ml
精油 4~5滴
保存容器


これらを混ぜ合わせるだけです。

ジェルはキサンタンガムと水を使っても作れますが、
ネット通販などで売っている市販品を常備しておくと日持ちもして便利ですよ♪
(でも保存はやはり冷蔵庫でね)

私はアロマスフィアのジェルベースをよく使っています。



ちなみに
今日紹介した精油の虫よけ効果は、市販品と比べるとやはり少し落ちます。
ただ、市販品に含まれているディート(DEET)という材料の
安全性が気になる、という方でも安心して使えるものなので、ぜひ試してみてくださいね~!

+ひとこと
妊産婦の方や小さいお子さんには、直接肌につけず、空間へのスプレーで対処してください。


では、残り少ない夏を楽しんでくださいね~~
スポンサーサイト
22:02 ◇アロマでホームケア | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。