09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

独学で行くか?スクールで学ぶか?

2012/04/30
久しぶりにアロマテラピーの資格を得るまでの話を書きたいと思います。


以前のブログでも書きましたが
私がアロマテラピースクールに通ったのは
インストラクターコースからで
アロマテラピー・アドバイザーまでは独学でした。

その頃は、経済面であまりお金をかけたくないという思いと
インストラクターやセラピスト資格までは視野に入れていない状態だったので

「日本アロマ環境協会(当時は日本アロマテラピー協会)なら独学でも受験できるんだ」
「だったらやってみようかな?」

なんて安直な具合の考えの下・・・勉強を始めたのです。

最初から頂点目指してガッツリ勉強!・・・という方々に比べるとお恥ずかしいですね。


で、その時点では、そのやり方でも特に問題は感じていませんでした。
感じていませんでした、というよりは“気づいていませんでした”。


でもその後、
さらに向学心が芽生えてインストラクターコースに通い始めたとき
独学の欠点を実感することになったのです。

それは・・・
精油のブレンド力
でした。

先生の指導にしたがって、クラフトを作るとき
隣の席の生徒さん(アドバイザーもスクールで勉強した方)の作るブレンドは
フラワリーで優しくエレガント、
とってもセンス良い香りでした。

に比べて自作したブレンドは・・・
今振り返ってみても、恐ろしくバランスの悪いものでした。
嗅ぎ続けていると頭が痛くなりそうな・・・

たしかシトラス調のものを作ろうとして、
レモングラスの割合をやたら多くしてしまったのです。

香りの強いレモングラスは“少な目”を意識する必要があるのですが
そのあたりもまだよくわかっていなかった私。

その時は「自分には香りのセンスがないんだ」
と少し落ち込みましたが、実はそうではなくて

原因は“独学によるテキスト暗記重視の学習法のせい”だったんですよね。

「○月○日に試験を受ける」という目標を定めると
どうしてもそれに合わせた、知識の暗記がメインになってきます。
実践面は後回しになってしまいがち。

でもアロマテラピーに必要なのは
知識と実践・体験の両方。

本当は同時に少しずつ身に付けていくことが大切なのです。


スクールでは、講師がこういったポイントを抑えながら
実践を交え、ていねいに指導してくれます。
試験が終わると急速に頭から抜けていくやっつけ暗記と違い
頭と身体でしっかり憶えることができるはず。

私はその足りなかった部分を後に少しずつ補っていきましたが
それでも今でも
「やっぱり最初からスクールに通えば良かったなあ」
と思うことがあります。

アロマ仲間の中には
アドバイザーとセラピストのコースはスクールで
インストラクター資格は独学で取った
という人もいます。

インストラクター資格は難しいですが、
内容的には、ほとんどが知識の暗記となるので
努力家さんなら、これはこれで大丈夫かと思いますが

これからアロマテラピーを学んでみたいとお考えの方には
ぜひ最初は信頼できるスクールを見つけ
教えてもらうことをおススメしますよ。

基本部分はしっかりと!・・・ということですね。
スポンサーサイト
16:21 ◇アロマ資格を取るまで~私の場合~ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。