06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ラベンダーの蒸留風景

2013/07/23
ファーム富田さんのラベンダー蒸留の様子です。

エッセンシャルオイル(精油)のほとんどは
水蒸気蒸留法というやり方で得ています。

ざっくり言うと、植物を蒸し上げて有効成分を取り出す…という具合ですね。


蒸留釜に収穫したラベンダーをぎっしり詰め込みます。
蒸留1

蓋をして・・・
蒸留2

水蒸気の圧で蓋がずれないよう、さらに電動ドライバーで固定しています。
蒸留3

このあと窯の下から水蒸気を送り込むと
ラベンダーに含まれる精油成分が蒸気に取り込まれ
その蒸気は蓋の上からつながる細いパイプの中を通って
奥にある丸い容器の中に向かいます。

この容器、奥にある蒸留釜とほぼ同じように見えますが
蒸留窯ではなく、冷たい水が入っていて
蒸気を含んだ細いパイプを冷やしているんですね。


反対側から見たところ。
蒸留4
冷やされた水蒸気は液体になり、小さい容器の中に落ちていきます。
この小さいステンレス容器内でさらに精油と水分が分けられて出てきます。


蒸留5
手前のビーカーには精油が、
奥のポリ容器には水分が入ってくるようになっています。

この水には、ラベンダーの水溶性成分が含まれていて
芳香蒸留水として売られています。
富田さんのところでは、お風呂に入れる使い方を薦めていましたよ

ちなみに
ラベンダー精油が抽出されるには20分くらいかかっていました。


蒸留が終わった後はラベンダーを取り出します。
蒸留6

蒸したてホヤホヤ(?)
成分が抜けてすっかり枯草のような色になってしまいました。
蒸留7

この抜け殻(?)はその後どう処分するのか?
訊くのを忘れてしまいました~
堆肥など、再利用されているのかしら?



以上、お勉強かねての癒し見学でした

スポンサーサイト
11:49 ◇精油の話あれこれ | コメント(1) | トラックバック(0)

ファーム富田でラベンダー満喫

2013/07/22
日曜日は中富良野のファーム富田へ出かけてきました

もしかしたら10年近くぶりかも?

朝8時過ぎに家を出ましたが
中富良野町に入る頃には大渋滞

でもそれを越えたらこんなに気持ちのいい風景が・・・!

ファーム風景1

お天気にも恵まれて散策日和でした。


ファーム風景2

もくもくした雲がまた良い味出してる~

ファーム風景3


お土産にラベンダー“おかむらさき”の精油も買ってきました。
日本産の真正ラベンダー(Lavandula angustifolia)で
最も品質が高いと言われるものです。
おかむらさきの精油


この花と茎から精油が抽出されています。
ラベンダーおかむらさき


ラベンダー精油の蒸留風景も写真に撮ってきたので
また後でUPしますね~~!






11:50 ◇プライベート | コメント(0) | トラックバック(0)

一流の先生方のお話に感動

2013/07/03
先日、AEAJ主催のアロマセミナーに参加してきました。

午前・午後でお二人のアロマセラピストのお話を聴くことができたのですが
どちらもとても勉強になり、改めてアロマテラピーというものの深遠さを再確認でき、大満足の内容でした。



前半は女子サッカーチーム・INAC神戸に所属する選手のトリートメントを担当する
下川路さやかさんの講演でした。

日本代表の澤選手や海堀選手、川澄選手、高瀬選手など一流アスリートに対して
どのような姿勢で、どのような結果を期待して精油を選択し、トリートメントを行っているのか、
という貴重なお話がたくさんで、もうずっとメモを取りっぱなしでしたよ。笑

チームには当然専属のドクターやトレーナーもいらっしゃるので、
その方々の職域には決して入り込まない範囲で、心身のコンディション調整に役立つケアを心がけているそうです。

笑顔がソフトで、癒し系オーラがにじみ出ていた下川路さんですが、
実はご本人も以前はスキーをされる方だったようで、
その頃の経験も選手のメンタル面に配慮できるなど、活かされているのではないかな?と思いました。



午後からは、陰陽五行説の健康観に基づいたアロマテラピーを研究していらっしゃる
原田裕子さんのお話でした。

これもまた濃かった

実は伝統中医学に関しては、私も以前通信講座で少し勉強してみたことがあるのですが、
その基本となる思想観がなかなか難しく、自分の中で消化できずにいました。
(中国に限らず、古代の伝統医学は必ず独自の思想や哲学観がベースにあるんですよ)

陰と陽
木・火・土・金・水の五行


原田さんのお話は、ゆっくりと丁寧な語り口調で説得力があり、そのおかげで

「ちょっとだけ以前より何か見えてきたかも!?」
いや、まだそこまでではなく
「見えそうかも!?」
程度の感覚ですが、得ることが出来た気がします。


そしてその語りを聴いているうちに、あることを思い出したんです。

「あ、原田さんのお話を聴くのはこれが初めてじゃない・・・」

そうなんです。
インストラクター試験の勉強をしていた頃、
実は1回だけ某スクールの講師として教えて頂いたことがある方だったんです。
(もう11年前とはいえ、忘れてるなんて…!

お顔は忘れてしまっていたけれど、その時の講義(確か精油の化学)もとても印象的で、
私のような理数系が苦手な人間にも、独自の視点でわかりやすく指導してくださったのを鮮明に覚えています。

「私もこんなふうにわかりやすく素敵な教え方ができたら良いなあ」

と思ったくらい。

実は素晴らしい先生に担当していただいていたのですね。
(なのに忘れてるなんて…

この日の原田さんは何かこう、アロマテラピーの“アーティスト”的な領域に入っている方、という印象が伝わってきました。

終了後はお声かけしてみたかったのですが、
同じくお話したい参加者さんが列を作って並んでいたので諦めました。
ちょっと残念!


下川路さんも原田さんも、それぞれのアロマテラピーを極めて行く姿勢に感銘を受けました。
一流の方のお話は聴くだけで本当に勉強になりますね。

良い“気”を注入していただきました。

18:26 ◇プライベート | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。