01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

【お知らせ】

2013/02/26
HARVESTからのお知らせですが

明日27~28日は不在となります。

トリートメントや講座のご予約、ブログのコメント等への返信は、
3月1日になってしまいますが、ご了承くださいませ。


どこへ行くのか?

それはまた次回の更新で書きますね~!

どうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト
17:45 ◇未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

街の香り

2013/02/20
今日は神田の話題つながりから、もう1回UPしたくなりました。

私、東京の下町の雰囲気が大好きなんですよ!!
あのごちゃごちゃした迷路のような狭い路地とか・・・。

「この先を曲がったら今度はどんな場所に出るんだろう?」

なんて考えながら歩いているとワクワクしてきます♪
散歩が本当に楽しくなる街並みですよね。

札幌にはもう20数年住んでいますが、
生まれと育ちは小樽の市街地に程近い住宅街。
狭い路地はごく身近な環境なためか、
初めて東京に行ったときの感想は、意外にも!

「あれ?なんだか懐かしい・・・」

でした。(もちろん超高層ビル群は別ですが)笑

札幌は都市計画に基づいて造られた街なので
道幅は広く、ゆったりスッキリしていますが
どこか趣が足りないんですよねぇ。

香りに例えるなら
さわやかで軽いペパーミント単一、という感じ。

一方、ごちゃごちゃした路地や商店街は

「さわやか~」という印象とは真逆の
どこか埃っぽいような、土っぽいような、カビ臭いような・・・
長い間、人々が暮らしているうちに染みついた“生活の濃さ”とでも言うような
ものが強く感じられます。

香りに例えるなら
一種類だけでなく、さまざまなものがブレンドされている、といった印象。
そしてベースノートには必ず
ベチバーとかミルラあたりが含まれていそう!
(ブログで香りを伝えられないのが残念ですが、これらは深く落ち着く系の香りです)

イマジネーションが想起させられるものはどれも
香りに例えた表現にできるので
いろいろな街のイメージの香りをデザインしてみるのも面白そうですね
13:05 ◇プライベート | コメント(2) | トラックバック(0)

老舗のやぶそばが火事に!

2013/02/20
一年前に初めて立ち寄ってブログにもUPしていた
「かんだやぶそば」
http://palmarosa08.blog105.fc2.com/blog-entry-100.html
なんと!火事で半焼してまった とニュースで知り、驚いています。

1880年創業の老舗で、「更科」「砂場」と合わせて
江戸三大そばと呼ばれる「藪」の有名店。
1923年に作られた現在の建物も、東京都の歴史的建造物に指定されており、
趣のある雰囲気が素敵で好きだったのに・・・残念です。

しょうゆの濃いそばつゆも、戦後から約70年間つぎ足され続けてきたものだそうで、
それもおそらくこの火事でダメになってしまったのでは?
と、店主の方がおっしゃっていました。

それでもニュース映像を見る限りでは、
正面からの外観はしっかりそのまま残っており、
再建を目指すとのことでしたので、復活したあかつきには
またぜひ下町散歩がてら立ち寄ってみたいです!

11:48 ◇プライベート | コメント(0) | トラックバック(0)

しゃきっと目覚めの香り

2013/02/15
2月も半ばになって、少しずつ日も長くなってきましたね。
春まであともう少し!
・・・と思うと、なんだか心もホッとしてきます。

でもでも
まだ
「朝の目覚めが悪くてー」
という方も多いのでは?

かくいう私自身がまさにそう。

少しでも朝を快適に
頭をしゃきっとさせたい場合
教科書的によく登場するのは

ローズマリーの精油です。

頭脳明晰化作用があると言われており、
この香りを嗅いでいると
ぼーっとした頭をクリアにしてくれます。

枕元にこの精油を置いて
翌朝の起床時に直接ビンから香りを吸入してみるのもおススメです。

・・・しかし!

私自身はローズマリーだけではダメなのです。
(朝のボケボケ感が酷すぎる・・・)

ローズマリーの香りは普段から結構好きなのですが
しゃきっとする、というよりは
「すぅ~っとして心地よい」
といった感じで、むしろ落ち着く気分になるんです。

これがアロマテラピーの面白いところ♪

心理的、精神的な面に関しては
必ずしもいつも教科書通りに働くというわけではないんですね。
その時々の自分に合った精油は、自ら色々嗅いで試してみることで
だんだんわかってきます。


奥がとっても深い世界です。


・・・と、話が脱線してきましたね(汗)


えー、朝の目覚めをすっきり導く香りですが、
私のように、ローズマリーだけでは無理だわコレ
なんて方におススメのブレンドはこちらです↓

ローズマリー2滴+レモン2滴+シナモン1滴

計5滴なので、
直接吸入ではなく、アロマライトや陶器製の小さいお皿などに垂らし
香りを自然拡散させます。

さわやかでキリッとしたレモンの香りは
ローズマリーと合わせて相乗効果が、

そしてスパイシーな中にわずかな甘さをもつシナモンですが、
精油の香りは強く、脳を刺激してくれるでしょう。
(なのでほんの少量で十分です)

シナモン精油は皮膚刺激の面など注意が必要なので
上級者向きの精油なのですが
肌には塗らず、室内芳香として少量なら結構使えると思います。

殺菌効果も高いので
台所シンクや三角コーナーの除菌スプレーを作るときに
取り入れるのも効果的ですよ。
(この場合も他の精油に対し、隠し味的に少量ブレンドで)


この3種のブレンド芳香浴、
気になる方は一度試してみてくださいね~


14:18 ◇香りブレンドいろいろ | コメント(1) | トラックバック(0)

買ってしまいました!

2013/02/09
これを↓

ランニングマシン

運動不足解消のため
去年の秋からスポーツジムにも入ってみたのですが・・・

そう頻繁にも行けず、
このままでは会費も高くつくので「どうしようかな?」
と思っていたところ

テレビの宣伝で何度も見ているうちに気になってしまい
このランニングマシンを買ってしまいました~!

結構大きくて部屋も占領されてしまうので
さすがに買うまで迷いましたが
自宅でいつでも有酸素運動ができるのがやっぱり魅力

ジムの方は退会して
とりあえず
毎日頑張って続けて行こう!と思います。

この場を借りて
決意表明~~




23:28 ◇プライベート | コメント(2) | トラックバック(0)

自分に合ったエッセンシャルオイルの選び方

2013/02/01
以前、教室の生徒さんから
「安い精油はだめなのでしょうか?」という質問を受けたことがありました。

確かに市場に出回っている精油の価格は驚くほどの違いがありますよね。
同じラベンダーでも、数百円で販売されているものから数千円するものまで・・・

この違いはなぜなのでしょう
そして、どういう精油を選ぶのが良いのでしょうか

精油選び方


まず、金額の違いですが・・・

・高価な精油は、
とにかく品質を重視し、産地、植物の栽培方法、精油の抽出方法、精油に含まれる成分内容などに基準を設け、厳密に絞っているため、どうしてもコストがかかってしまいます。
薬理作用など、医療としてのアロマテラピーを求める場合は、このあたりの精油が必要となってくると思います。
また、オーガニック農法で栽培された植物を用いている場合がほとんどなので、
より高い安全性を求める方にもおすすめです。

・安価な精油の場合は、
「安い」といっても、そこそこのお値段のものもあれば、
えっ!?と驚くほどの激安価格のものまでありますよね。

一時は100円ショップで販売されているのも見たことがあります。
さすがにこれはアロマテラピーに使うのは避けた方が良いでしょう。
100%天然精油とは違う、混ぜ物をした香料である可能性も考えられます。
(ただし、香りが気に入り、単なる芳香剤的な用途に使うだけなら問題ないでしょうが)


ちょっと専門的ですが、激安精油にはこのような↓モノである可能性もありますので、
精油の品質を見極める上での参考にしてください。


【偽和(ぎわ)精油】
精油を安く大量に供給するために、高価な精油(バラなど)を、よく似た香りの安い精油で薄めたり、
臭いのない植物油を混ぜたりし、精油と偽っている物です。

【ネイチャーアイデンティカル】
これは「自然と同一の」という意味です。
自然と同一の・・・なんてわざわざ言うくらいですから、
限りなく天然精油に近づけた合成品、ということです。(笑)

ひとつの精油には、たくさんの香り成分が含まれています。
例えば、ゼラニウム精油ならば、
シトロネロール、ゲラニオール、リナロール他いろいろな成分が合わさってできています。

今はこれらの香り成分を人工的に作り出すことができるので、
植物を用いず、しかも安い原価でゼラニウム精油に近い香りを再現することが可能なんですね。
でも天然精油とまったく同じものを完璧に作ることはできないので、本物ではなくあくまでも“似た香り”です。

こういうやり方で合成した香料は、主に市販の芳香剤や洗剤、入浴剤などの香り付けに使われています。
テレビの宣伝などでよく「天然アロマオイルの香り・・・」なんて謳っているのを見かけますが、
実はネイチャーアイデンティカルである可能性も・・・!?


・その他、比較的低価格の精油に関しては、
その精油についての情報がしっかり記載されているかどうかをチェックすることをおすすめします。
(精油植物の学名、抽出部位、抽出方法、原産地など)


そして、これは私の経験上から考える個人的な精油の選び方ですが、
まず基準となるのは
「アロマテラピーで何をやりたいか?」という点。

A.もっぱら香りを楽しむだけで、肌にはつけない
B.肌には直接つけないけれど、ルームスプレーなどで抗菌・抗ウイルス効果は期待したい
C.手作り化粧品やトリートメントオイルを作って肌につけたい
D.メディカルアロマテラピーとして薬理作用をいちばん期待したい


AやB程度であれば、高級ラインでなくても大丈夫でしょう。
CやD(特にD)なら、品質は重要です。
肌に塗った精油成分の一部は体内に吸収されますので、
私もサロンでは信頼できるメーカーのオーガニック精油を選ぶようにしています。

また、精油選びの目安として、(公社)日本アロマ環境協会では
一定の基準を設けて認定された精油ブランドを紹介しています。
AEAJ表示基準適合認定精油ブランドリスト

これを参考にするのも良いですね。
(ただし、ここに認定されていない精油ブランドの品質が悪い、ということでもありません。認定外でもグレードの高い精油ブランドはあります)

あとは純粋に香りが良いかどうか
精油は野菜や果物と同じ天然植物から抽出した香り成分なので、
産地や植物の収穫時期によっても香りが結構変わります。
これは実際に香りを嗅いでピンとくるものが一番ですね!


長文になってしまいましたが、
自分の目的に合った精油をうまく見つけてくださいね~。

15:04 ◇自分に合った精油の選び方 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。