07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

スピリチュアルアロマ

2012/08/15
熱狂のオリンピックは終わりましたが、お盆休みの真っ最中。
お墓参りや親族との再会、家族でお出掛けなどが続いているのでは?
静かな日常モードに戻るのは来週からでしょうか。

からだ、疲れてませんか?

元々道央圏出身の私は
帰省の移動疲れなどには無縁ですが
オリンピック競技や開閉会式が気になって
睡眠リズムが乱れたり、ついネットを観すぎちゃったりなど・・・
ここ2,3日はちょっと体調がダウン気味。

首・肩のひどいコリ、頭痛、倦怠感、日中の眠気・・・
自作のアロマジェルでトリートメントしてみても
コリはすんなり取れず・・・

からだが重いとメンタルも合わせて重くなってくるんですよね。

「うわ、これはちょっとまずいなあ」

心身全体がバランスを崩している感じです。

で、「こんな時は・・・」と
久々に取り出したのはこの本↓

『スピリチュアルアロマテラピー入門』
スピリチュアルアロマテラピー入門―精油からの素晴らしいメッセージを受け取って下さいスピリチュアルアロマテラピー入門―精油からの素晴らしいメッセージを受け取って下さい
(2008/07)
吉田 節子

商品詳細を見る


36種類の精油がスピリチュアルな側面で紹介され
それぞれに対応したカードが付属されています。

ふだん精油を選ぶ時は、
その精油がもつ成分の効能や昔から言い伝えられてきた方法、
そして単純に好きな香りを基準にすることが多いですが

なんだかよくわからないけれど体調がイマひとつ、
気分が上がらない日が続く、

なんて時に

「今日の私の状態にいちばん良い精油は何ですか?」

とカードに訊ねながら一枚ひくと
結構その時の状態に合った精油が導き出されたりするんですよ。

今日、私が引いたのは、ローズマリーのカード。

「うん、なるほど!」

この脳内ボケボケ、からだダルダルの状態にはまさしくピッタリ!の
心身を活性化させてくれる植物です。

さっそく精油ビンのフタを空け、漂ってくる香りをかぐと
クリアでシャープな香りが染み渡ってきます。

「あー、気持ちいい・・・」

本の解説をじっくり読みながら、しばらく嗅ぎ続けていると
気になっていた右目の奥の頭痛が少し和らいでくる感じ。

これだけで一気に体調が戻ったわけではありませんが
この後、シャワーを浴びて
用事を足すため外出をして
帰宅するまでにはすっかり戻っていました♪


この本の著者、吉田節子さんは元々薬剤師で
その後アロマテラピーの世界に入ってきた方ということで
最初はもっぱら精油の化学的な側面に目を向けて
講師活動をされていたようです。

多忙を極めながら、自分自身を癒すことを忘れて疲れきっていたときに
ふと手に取った精油の香りをあらためて味わい、癒され、
化学的な効果効能だけではない、精油の大きな力に気づかれたそうです。

ちょっとわかる気がします。

精油成分の化学的な側面はもちろん大切なのですが
そればかりに目を向けていると、
左脳ばかり使うアロマテラピーになって行き
私自身もだんだん疲れてきます。
なんだかバランスが崩れてくる感じで・・・

そんな時に
カードで直感的に精油を選んでみたりするのはとても新鮮!

私は最近のスピリチュアル的な分野には
あまりくわしくない人間ですが
その時々の状態に「なかなか合ってるかも!」
と感じる精油が選ばれるのは面白いです。

スピリチュアル好きな方はもちろん
いつものアロマテラピーとはちょっと違うアプローチで
楽しんでみたい方にもどうぞ♪

スポンサーサイト
19:01 ◇アロマ関連書籍 | コメント(1) | トラックバック(0)

意味不明?

2012/08/13
時々、無性にUPしたくなる、くだらないネタシリーズです。


これ、某ガソリンスタンドの洗面所で発見したのですが・・・

天井近くに上向きに取り付けられた

とても手が届かない場所にある

この蛇口の意味が謎です。

ヘンな蛇口・・・

そしてこの写真の右下に写る小さい影↑

ブログにUPしている写真はいつも携帯で撮っているのですが
この春に修理に出してから、毎度写るようになってしまいました。

分解修理の際のミスなのか・・・(どう見てもそうだ!)
でもショップにまた行くのが面倒くさく

そのまま使っているものぐさな私です。

・・・

そろそろ買い変えようかしら?








00:09 ◇プライベート | コメント(0) | トラックバック(0)

それでも虫に刺されてしまったら

2012/08/08
前回は虫よけ効果のある精油をご紹介しましたが・・・

「それでも刺されちゃった~~!」

とお嘆きのあなたに向けた補足編もUPしますね♪


虫刺されって、子供の頃はたくさんできても
回復が早かったと思いませんか?

それがいつのまにか・・・
大人になり、
歳を重ねるうちに

基礎代謝が落ち
お肌のターンオーバーも遅くなり
虫刺されの回復も遅くなり
治った後も色素沈着がしつこく残ったり・・・

うわあ・・・


と、嘆く前に
皮膚が少しでも早く元どおりになるよう
サポートしてくれるアロマ対策をしてみましょう!

そのオススメ精油は
日焼け肌向きとしても最近ご紹介したラベンダー(詳しくはこちらをどうぞ)
そして
ティートリーです。


ティートリーもご家庭に1本常備しておくと実用的でお助けになる精油です。

冬場は風邪など感染症の予防として評判ですが
夏は虫刺され後のスキンケアとしても使えるんですよ。

オーストラリア原産で、元々は先住民族の人たちが傷薬として用いていた植物なのですが
現在では、葉に含まれるテルピネン-4-オールという成分に、すぐれた消毒殺菌作用や抗炎症作用があることがわかっています。


これらの精油でスキンケアオイルやジェルを作ってみませんか?

ラベンダー&ティートリーのブレンドにするのが相乗効果も期待できてオススメです。
特にティートリーの香りは、それ単体ではちょっと“美しく心地よい香り”という感じではないですが、ブレンドによって良い具合に生まれ変わりますよ。



●虫刺され後のスキンケアオイル

材料(10ml分)
・ボディ用なら→植物油10mlに対してラベンダー1滴+ティートリー1滴(1%濃度)
・顔専用なら→植物油20mlに対してラベンダー1滴+ティートリー1滴(0.5%濃度)

これらを混ぜ合わせ、気になる部分に塗ってください。

植物油はホホバやマカデミアナッツ油などベースになるものに
カレンデュラオイルを10~20%ほど加えてあげるとさらに効果的です。
(ホホバオイル8ml+カレンデュラオイル2mlなんて具合で)


●虫刺され後のスキンケアジェル

材料(20ml強分)
市販のジェル基材 20ml
ホホバまたはマカデミアナッツ、またはカレンデュラ浸出油 2ml
精油 2~4滴(ボディ用なら4滴、顔用なら2滴)


こちらも混ぜ合わせるだけです。

ジェルはキサンタンガムと水を使っても作れますが、
ネット通販などで売っている市販品を常備しておくと日持ちもして便利ですよ♪
(でも保存はやはり冷蔵庫でね)

私がよく使っているジェルベースはこちら。



私は1日に3~4回塗っていました。
かゆみが消えた後も、色素沈着予防のためにはしばらく続けてあげた方がベターだと思います。
この場合はラベンダー単体でも十分ですよ。


ラベンダー&ティートリーの組み合わせは
夏に限らず一年中役に立つので
ぜひ活用してみてくださいね♪

11:54 ◇アロマでホームケア | コメント(2) | トラックバック(0)

夏に出番の多い精油たち 虫よけ編

2012/08/06
や海へとアウトドアが楽しい季節は虫刺されにも要注意ですね。
虫よけ対策は万全に!


精油にも虫(特に蚊)が嫌がる香りを放つものがあります。
その代表的なものは
シトロネラールやシトロネロールという成分が含まれている

ユーカリ・シトリオドラ(レモンユーカリ)
シトロネラ
ゼラニウム


そして上記より少し落ちますが
レモングラス

これらの精油で虫よけスプレーやジェルがかんたんに作れますよ♪

ゼラニウムは好きな方も多いので単体でも大丈夫ですが
他の精油、特にユーカリ・シトリオドラは
一般的に用いられているユーカリ(グロブルス種やラディアタ種)と違い
主張の強い独特の香りを放つので、単体ではきつく感じてしまう人も多いです。

含まれる成分的にも、多量使用は皮膚刺激の注意が必要となるので
他の精油とブレンドして心地よい香りにするのがオススメです♪

他のオススメ精油は
ペパーミントやハッカ、
ラベンダー
ユーカリ・グロブルス、ユーカリ・ラディアタ
ティートリー

など。

虫よけ効果はあるけれどちょっと弱いので、最初に紹介した精油の補助として加えてあげると
香りの質もぐん!と良くなり使いやすいです。



虫よけボディスプレー

材料(50ml分)
エタノール 5ml
精油 10滴
精製水 45ml
50mlスプレー容器


作り方は基本のローションとほぼ同じです。
使う前に毎回よく振ってあげてください。

肌にはつけず、空間や網戸などのスプレーとして使う場合は精油を20滴くらいに増やしても大丈夫。
保管は冷蔵庫で。半月くらいで使い切ってくださいね。

私がよく作るブレンドは
ユーカリ・シトリオドラ2滴+ゼラニウム3滴+ペパーミント2滴+ラベンダー3滴

肌が弱い方はユーカリ・シトリオドラをシトロネラかレモングラスに替えてみてください。
(体調によって敏感肌になることがある私でも大丈夫でしたが念のため)

虫はとにかく香りを嫌がって近寄らなくなるので、香りが薄すぎたり消えてしまってからは効果がなくなります。
時々吹きつけてあげましょう。



また、スプレーの場合、香りの持続性は低めなので
ジェルに混ぜ込んだものを肌に塗るほうが長持ちすると思います。

虫よけボディジェル

材料(20ml強分)
市販のジェル基材 20ml
ホホバまたはマカデミアナッツ油 2ml
精油 4~5滴
保存容器


これらを混ぜ合わせるだけです。

ジェルはキサンタンガムと水を使っても作れますが、
ネット通販などで売っている市販品を常備しておくと日持ちもして便利ですよ♪
(でも保存はやはり冷蔵庫でね)

私はアロマスフィアのジェルベースをよく使っています。



ちなみに
今日紹介した精油の虫よけ効果は、市販品と比べるとやはり少し落ちます。
ただ、市販品に含まれているディート(DEET)という材料の
安全性が気になる、という方でも安心して使えるものなので、ぜひ試してみてくださいね~!

+ひとこと
妊産婦の方や小さいお子さんには、直接肌につけず、空間へのスプレーで対処してください。


では、残り少ない夏を楽しんでくださいね~~
22:02 ◇アロマでホームケア | コメント(0) | トラックバック(0)

夏に出番の多い精油たち ラベンダー

2012/08/03
ラベンダーは一年中使う頻度の高い精油。

その香りをかぐと心もからだもリラックスするので、
眠れない夜のお供にしたり、トリートメントで筋肉の緊張をやわらげたり・・・
私が持っている精油の中でもやはり一番減りが早いです。
多くの成分がバランス良く含まれているので、いろいろな作用をもっています。

強い紫外線を浴びて肌ダメージを受けやすい夏は
ラベンダーがもつ働きのひとつ
「皮膚細胞の生まれ変わりを促したり、傷ついた皮膚細胞の修復を促す」
働きに助けてもらいましょう。

「消毒・抗菌作用」も併せ持っているので最適ですね



私がよく使うのはローション。
作り方は前回紹介した基本のローションと同じです。
精油をラベンダーに替えるだけ。

ただ、フェイシャル専用の化粧水にする場合は
ラベンダー精油を3滴くらいに減らした量から始めてください。
お顔はボディよりも敏感な部分なのでね。

ほてった肌のクールダウンも同時に・・・と思う場合は
ラベンダー+ペパーミント(またはハッカ)のブレンドもさわやかで心地よいです。

また、ラベンダーは精油を水蒸気蒸留で抽出する際に、同時に水溶性の成分も生まれます。
これがラベンダーウォーター。
油溶性の精油とは成分がほとんど違いますが
わずかに精油成分も含まれており、しかも肌にとっても穏やかなので
このままローションとして使うことができます。
「手作りはめんどくさい派」なら、こちらをオススメします!
好みでグリセリンを5~10%ほど加えて保湿力を高めるのもOKですよ。



ローション以外では、精油を植物油に薄めたオイルケアも良いですね。

夏におすすめの植物油は
酸化しにくく紫外線から肌を守る、すべての肌向きのホホバオイル
それに傷んだ肌の回復を促すはたらきがあるカレンデュラオイルも10~20%ほど加えると、なお効果的。

これにラベンダー精油を0.5~1%の割合で混ぜるだけでできあがり。
気になる部分にやさしく塗ってあげてください。

化粧水後のクリーム替わりとしても使えますよ。
クリーム替わりにお顔につける場合は、ほんの1~2滴だけで十分です。
サラッとタイプの化粧水をたっぷり数回に分けて補って、肌がまだ濡れている状態のうちに
やさしくのばすのがべたつかないコツです。

<日焼けダメージ肌回復ラベンダーオイル>
材料(10ml分)
ホホバ油 8ml
カレンデュラ油 2ml
ラベンダー精油 1滴(ボディ専用なら2滴)


※マッサージに使っても良いですが、その場合は日焼け直後の赤くほてった状態の時は控えて赤みや炎症が落ち着いてからにしましょう。



日焼け後の肌ダメージ回復を助けてくれるラベンダーですが、
日焼けがさらに酷くなった状態=ヤケドの際にも有効です。

なんたって「アロマテラピー(芳香療法)」というコトバが生まれたのは
フランスの化学者、ガットフォセ博士がヤケドを負ったときに
ラベンダー精油で回復が早まったことがきっかけなのですから!

もし無人島に1本だけ精油を持って行けるとしたら・・・
間違いなくラベンダーだろうなあ。。。

12:37 ◇アロマでホームケア | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。