05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

急に夏!慌ててラベンダーローション作り

2009/06/26
ここしばらく寒い天気が続いたと思ったら、昨日からいきなり最高気温30℃、夏がやってきました。
車を運転していても窓から日差しがジリジリ照りつけてきます。

「は、肌がまずいっ!」 

というわけで、慌てて日に当たった後の鎮静用ラベンダーローションを作りました。
顔にもボディにも使えるので、作っておくととても便利ですよ♪

<材 料>
・ラベンダー精油 3滴
・ホホバオイル 小さじ5分の1程度(1ml)
・精製水(またはラベンダーウォーター) 50ml
・ローション用容器(100円ショップで購入しました)

1.容器にホホバオイルを入れ、そこにラベンダー精油を垂らしよく混ぜる。
2.さらに精製水を注ぎ、容器のフタを閉めてよく振る。

注)この配合は水と油ですぐ分離してしまうので、使用前は必ず振る。
保管は冷蔵庫で。1~2週間以内に使い切る。

ラベンダーって、なんやかんや言って用途が広く、出番が多い精油です。
日焼け後の軽く炎症を起こした肌を穏やかに鎮めてくれると同時に、皮膚細胞が新しく生まれ変わる働きを促進する作用もあります。

夏のスキンケアにもってこいですよ~!


スポンサーサイト
23:13 ◇アロマでホームケア | コメント(0) | トラックバック(0)

痛すぎるアロマ

2009/06/24
先日、札幌に行った時に宿泊したホテルでアロマトリートメントを受けたのですが、それがまあキョウレツ!な印象でした。
今回は、将来母がお世話になるであろうグループホーム探しの旅・第1弾(?)で、とにかく疲労困憊、首から肩・背中もバリバリに張っていたので、どこか良さそうなサロンないかな?と思っていたところ、

ホテルMにチェックインすると嬉しいことに「ルームサービス・アロマヒーリング」という広告が!
部屋に来てくれるというのもラクチンでいいか~と思い、さっそくフロント経由で背中コース30分の予約をしました。
そして予定の時間、セラピストさんがやってきてくれて・・・ようやく至福のひとときが味わえる♪と喜んだのも束の間・・・

それはそれは実に痛い!30分間、なのでした。

「ルームサービスで来てくれるようなものだからきっと使うオイルも最初からブレンドされてある既製品で、事前のコンサルテーションなんかもサッサと済ましてしまうようなものなんだろうなぁ」くらいは覚悟してましたが、その予想をはるかに上回る(いや、下回る?)もので・・・かなり驚きました。

事前のコンサルテーションなんてものは一切無く、いきなり開始。
オイルは予想通り既成のブレンド品のようで、ラベンダーがメインの香り。
エステサロンなど既成のブレンドオイルを使用している所は結構あるので、モノさえ問題なければそれはOKなんですが・・・(どこのメーカーのものか確認してみれば良かったかな?)

手技は今までアロマトリートメントで一度も味わったことのないほどの力強さで、張っているヶ所をゴリゴリゴリゴリ・・・

うおぉぉ!こ、これはいったいなんだ~~!?やたら痛いぞぉ~~~

私の体がものすごく張っていたので、余計に痛く感じたのかもしれません。
でも・・・それにしてもやっぱり普通のアロマの手技ではありませんでした。
話を聞くと、このセラピストさん(と言って良いのか?)はすぐ近くにある同系列ホテルのスパに勤務する方で、主にそこでアカスリをされることが多いとのこと。
・・・アカスリ・・・なるほど、合点が行く。

アロマテラピーの知識などほとんど研修で受けてないのでしょう。
トリートメントを受けながら、ゆっくり眠りたいという願いは叶わず・・・。
さらに終了後に受けたアドバイスに仰天しました。

「人によってはオイルが肌に合わない方もいらっしゃるので、シャワーで洗い流した方が良いですよ」

うぇえぇえぇ!?
すごい!すごすぎるわ、このアドバイス。

アロマトリートメントで使用するブレンドオイルは、事前のコンサルテーションで体調や肌質の確認をしてから、その方に最も適したものを選ぶので、普通は逆です。
トリートメント後の肌は、オイルのおかげでもちもちスベスベ。
身体に良いものなので、洗い流すのはもったいなさすぎなんです。
きちんとアロマテラピーの勉強をして資格を取ったセラピストは、終了後のアドバイスでは逆に「今日は入浴はできれば控えて、ゆったりお過ごしください」と言ってくれるでしょう。

なのに・・・私はこのアドバイスを聞いて、使ったオイルが何なのか恐くなり、セラピストさん(とは言えないね)のアドバイス通り、すぐシャワーで洗い流してしまいました。笑
そして鏡で背中を見ると・・・真っ赤っ赤!!
右肩の一部は特にひどく、放っておくとアザになりそうだったので、自分で持参していたブレンドオイル(ラベンダー+マージョラム+ペパーミント)を予防のために塗る始末。

あ~、私いったい何やってんだぁ?トホホ。

これが場末の温泉旅館とかビジネスホテルだったらここまで驚かなかったと思います。
でもホテルMは市内でも結構グレードの高い方のホテル、という印象だったので、まさかここで提供するサービスでこのようなものがあろうとは・・・と思うと本当に信じられなかった。
全国や海外からやってくる宿泊客は、それなりのグレードを求めてくることも多いでしょうし、本物のアロマトリートメントを受け慣れた人も結構いるような気がします。苦情はないのか?

正直、これでお金が頂けるというのなら、「変わって私にこの仕事やらせて~~~!」と求職活動したくなりました。(今、働けないけど・・・泣)

私はこの日来てくれた謎のセラピストもどきさんに対しては文句を言う気持ちはありません。
彼女は入社した職場の研修を受け、その指示に従って働いているだけだから。
でも“アロマテラピー”というどこか優雅でおしゃれなイメージだけでこのコトバを捉えて、なんとなく表向きだけ「アロマ、やってます」みたいな広告を出している“エセアロマテラピー”業者は勘弁してほしい。

こういうの、さすがに今はもうないと思っていたけど・・・まだあるんですねぇ。

ランキング参加中♪1クリックご協力おねがいします。
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村
22:38 ◇過去ブログ倉庫 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。