01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

乾燥ピリピリ肌にはアボカドオイル

2009/02/07
立春は過ぎたけれど北海道はまだまだ寒い冬。
暖房でしっかり室内を暖めているので、どうしても乾燥が激しくなります。
洗顔料やスキンケア用品も保湿を重点的に考えていますが、最近それでも肌が乾燥して
ピリピリするようになりました。

私は毎日のスキンケアの最後はクリームや乳液ではなくオイル派なのですが、
よく使っているサラッとしたスクワランオイル(ハーバー製の)やホホバオイルだけでは
追いつかなくなってしまったので、より保湿力の高いブレンドオイルを作ってみました。

・・・すると
これ、いいっ!ものすご~く良いです!
乾燥肌に悩む方におススメします♪

~そのブレンドの内訳は~

アボカドオイル 5ml(小さじ1)
  +
ホホバオイル 5ml(小さじ1)
  +
マカデミアナッツオイル 5ml(小さじ1)

1:1:1の比率にしました。


この中で最も栄養価が高いのはアボカドオイル
各種ビタミンやミネラルが豊富で乾燥を防ぎ、シワの予防にもなるので、こんな時の
強力な助っ人さんです。
これ単体でもokなのですが、使用感が他のオイルと比べて重たい上に独特のにおいが
あるため、クセのない軽いオイルとブレンドした方がより使いやすくなります。
そこで今回はホホバとマカデミアナッツオイルを組み合わせてみました。

ホホバオイルは、フェイシャルトリートメントによく用いられるサラッとしていながらも
保湿力があり、しかも酸化しにくいという利点を持つ使いやすいオイル。
(「オイル」と呼ばれていますが、正確には植物油ではなく「植物ロウ」に分類されるもので
気温10度以下になると固まります)

マカデミアナッツオイルもアロマトリートメントには定番のオイル。
浸透しやすく、塗布した後は肌がしっとり柔らかくなります。
このオイルにはパルミトレイン酸という脂肪酸が含まれているのですが、これは子供など
若い人の皮脂に多く含まれ、加齢と共に減少してしまう成分
(悲しきことよ・・・)なため、
アンチエイジング対策としてもありがたいオイルなのです。

これら3つの相乗効果が予想以上に感じられて、すっかりお気に入りになってしまいました!
ちょっとアボカドオイルのにおいはありますが、私はそれほど気になりません。
今回は純粋にオイルの力を確認してみたかったので精油をあえて入れませんでしたが、
加えるとさらに贅沢なスキンケアが楽しめますよ。

「オイルはべたつくから苦手」という方もいるでしょうが、これはちょっとしたコツさえ
身に付けたらかなり解消できます。

クリームや乳液を使う際は、化粧水がしっかり肌に浸透しきってからつけるのが
お決まりですが、オイルの場合は肌が化粧水でまだ塗れている状態の時に1~3滴程を
手のひらで伸ばし、肌にやさしく押さえるようにしてつけると化粧水と一緒に浸透しやすく
ベタベタしません。

1回の使用量が少ないので、高級クリームを買うよりはるかにお得です。

各オイルの使用期限は販売メーカーごとに確認した上で、自作したブレンドオイルは
早め(1ヶ月程度)に使い切ることをお勧めします。
15mlでも朝晩のスキンケアのみの使用ならかなり持つので、目安をつけた期限がわかるよう
私は容器に日付を書いたシールを貼っています。

保管方法は・・・
アボカドやホホバオイルは冷蔵庫に入れると濁ったり固まったりしてしまうので、
保管は高温多湿を避け、直射日光に当たらない場所に置くのが良さそうです。

実はアボカドオイルは乾燥肌に良いと習っておきながら、使うのは今回初めてだったんです。
(お恥ずかしい~)
何でも自分自身で試してみないとダメですね~。
ホントに良いわ、これ!
時間のあるときは、入浴後のフェイシャルマッサージにたっぷり使うのも良いでしょう。

暖房の要らない時期までしばらくお世話になりそうです。


スポンサーサイト
23:58 ◇アロマでホームケア | コメント(5) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。