10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

精油の取り扱いについて

2008/11/30
先日、知人に「以前、精油を買ってお風呂に入れてみたけど皮膚がヒリヒリしちゃって・・・」
と言われました。
どの精油かは確認できなかったのですが、考えられる原因は下のどちらかではないかと思います。

1. かんきつ系など肌に刺激のある精油を原液のままお湯に垂らしたため、
それが肌に直接ついて刺激となってしまった。

2. 精油だと思って買ったが、実はポプリオイルなどの合成香料だった。




1.の場合、
★まず、かんきつ系精油を外してみてください。
これ以外の精油なら大丈夫、という事も実は多いです。
そしてあらためてパッチテストを行ってみて、問題の無い精油だけ使用するようにする。
中には一部の精油にアレルギー反応が出る人もいます。
かゆみや赤み、腫れ、発疹が出たりするようであればその精油は避けてください。

※パッチテストのやり方
5ml(小さじ1)の植物油に精油1滴を混ぜたものを腕の内側に塗布して
1、2日様子をみて肌に問題なければOK。

★元々敏感肌でダメな精油が多いようならば、原液を直接浴槽に落とすのはやめて、
アロマテラピー用の植物油に薄めたものを入れて入浴する方が良いと思います。
バスオイルにすることで、肌がしっとり潤いますよ♪

<敏感肌向きのバスオイル例>
植物油(マカデミアナッツ油、ホホバ油など好みのもの) 5ml
精油 5滴まで
(ラベンダー、カモミールローマン、カモミールジャーマン、ローズウッド、
パルマローザ、サンダルウッド、ローズなど)

大さじ1杯ほどのハチミツや生クリームに混ぜて使うのも良いと思います。

精油は水にほとんど溶けない性質なので、直接お湯に垂らすと、かき混ぜて散らしても
すぐに表面に浮いてしまい、それが直接肌に付いてしまうことがあります。
私もよく入浴に精油を垂らしてアロマバスを楽しんでいますが、
かんきつ系精油だけはやはりヒリヒリしてしまいダメなので、
どうしてもかんきつ系を使いたいときは上記のようにして入っています。



2.の場合、
精油は日本では“雑貨”とみなされるので、身近な雑貨店でもよく売られています。
でも・・・瓶の表示を良く見ると
中には100%天然の精油じゃないものだったりすることも結構あるので要注意!
ポプリオイルとか、フレグランスオイルは合成香料が使用されているので、
単純に芳香剤的に用いるなら問題ありませんが、肌につけたりするのは厳禁です。

この辺、初心者の方はわかりにくいかと思うので、精油に詳しい販売員がいるお店で
色々相談にのってもらいながら購入することをお勧めします。

せっかく興味を持ったのに、ちょっとしたコツを知らないために
「自分には合わないのかな?」と離れてしまうのは、とてももったいないし残念なこと!

そして精油を扱うお店では、売りっぱなしではなくて
きちんと精油の扱い方を説明できるようであってくれなきゃなぁ・・・と
しみじみ思ってしまいます。



↓精油の取り扱い注意点をまとめてみました。基本ですが参考までに。↓

・原液を肌に塗ったり、飲んだりしない。
(フランスなどではアロマテラピーを医療行為として、このような使い方を
する場合もありますが、一般に楽しむ場合はやめましょう)

・肌に塗布する場合は、植物油などに1%以下に希釈したものを用いる。

・引火性があるので、火気の近くに精油を置かない。

・フタはきっちり締めておく。
(揮発性があるので、フタが空いているとどんどん気化してしまいます。
また、酸化もしやすくなってしまいます。)

・直射日光の当たらない涼しい場所で保管する。(高温多湿が苦手)

・開栓後の使用期限の目安は、かんきつ系精油で半年、その他精油は1年くらい。
(中にはある程度時間が経過した方が良い香りになる精油もありますが、
最初はこの基本を目安にしてください)

・光毒性のある精油は日中肌に塗布しない。
かんきつ系(ベルガモット、グレープフルーツ、レモン、ライムなど)や
その他一部の精油(アンジェリカルート、バーベナなど)は、
肌に塗ってから紫外線にあたると、刺激になったりシミの原因になったりするので要注意。

・妊娠中の方は、基本的には香りを嗅ぐ使用法のみにする。
トリートメントを行うには、用いる精油や使用時期など注意が必要です。
希望の場合は主治医や専門家に相談してください。

・3歳未満の乳幼児には、室内で精油を香らせるのみにする。

・3歳以上の子供には肌へ塗布できますが、その場合は体重に応じて使用量を少なくする。
例)体重25kgなら成人の2分の1以下の量で。

・持病を持っている方がトリートメントなど肌に塗布する場合は、事前に主治医に相談する。

・高齢者へは少な目の量に加減するのが望ましい。
持病があり、薬を常用している方も多いので、その場合は特に注意。

これらの点をおさえて香りの世界を楽しみましょう


にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへランキング参加中♪1クリックご協力おねがいします。。
にほんブログ村 健康ブログへ
スポンサーサイト
01:28 ◇精油の取り扱いについて | コメント(2) | トラックバック(0)

マラソン前後のアロマ活用

2008/11/24
ここ数年、夫がすっかりジョギングやマラソンにはまっています。
身体面だけじゃなく、精神的にもストレスに強くなれるようで、
おまけにメタボがかってきたお腹もへこんできて(笑)・・・と、一石二鳥以上の効果もあり、
良い趣味だと思うのですが、ついついやり過ぎてしまうとケガにもつながりがち。
筋肉をなるべく痛めず、大会でもスムーズに実力を出しきるために合ったトリートメントを
あれこれ考え、取り入れるようになりました。

先日も旅行がてらフルマラソンの大会に出場したので、
その時のブレンドレシピ等を書いてみたいと思います。

用意したブレンドオイルは、A大会前夜用B当日の出走前用、C終了後用の3パターン分。

A 大会前夜は、心も身体も余計な緊張を取り、リラックスして眠りにつけることを考慮して、

ラベンダー2滴+オレンジスィート1滴+ネロリ1滴
マカデミアナッツ油 20ml

のブレンドで背中と脚を中心に、ほぼ全身トリートメントを行いました。

B 当日の出走前は、ウォーミングアップ用として短めの時間で脚の筋肉を温めておこうと

ローズマリー1滴+レモングラス1滴
マカデミアナッツ油 10ml

のブレンドオイルを作っておいたのですが・・・
会場までのアクセスが悪く、到着がスタートぎりぎりになってしまったため断念!
それでも何とか無事に完走することができたので良かったです。

C そして終了後は、クールダウンと脚の張りをできるだけ軽減させることを目的に

ラベンダー2滴+スィートマージョラム1滴+ペパーミント1滴
マカデミアナッツ油 15ml
アルニカ浸出油 5ml

のブレンドにしました。

長時間のレース終了直後なら、関節や筋肉が熱を持ち炎症を起こしていることも多く、
その場合はまず、トリートメントよりも冷やすことが大切。

アロマテラピーでできるアプローチとしては、
せいぜい冷却作用のあるペパーミント入りのオイルを塗布したり、
冷湿布する程度が望ましいと思います。

この日は会場から結構時間をかけてホテルに到着し、
シャワーを済ませてから始めたので、下半身全体を通常通りトリートメントしてみました。
トリートメントを終えると、起き上がった夫は開口一番

「わ~!さっきまでと全然違う!だいぶ楽になった!」

やっぱり違うものなんですねぇ~。こちらの方がびっくりしちゃいました。
それでもさすがに翌日は筋肉痛が出てくるだろうから、
また明日もう一回、このブレンドで脚のトリートメントをしようかな?なんて考えてましたが、
思っていたよりもずっと軽かったようで・・・必要なかったです。

スポーツ前後に使う精油は、自分の勉強を兼ねて毎回微妙に変えたりしていますが、
トリートメントをした時と、しない時では確かに違いが出るようです。

もしかしたらタイムにも差が出ているんじゃないかな?とひそかに思ってます。
同じ大会で両方試して比較できないのが残念なところですね。


18:12 ◇アロマでホームケア | コメント(2) | トラックバック(0)

冬の乾燥肌対策 その2

2008/11/24
ご無沙汰してましたが久々の更新です。

前回載せたオーブリーの洗顔料は、肌の乾燥した時にはとても助けになっていますが、
ずっとこればかり連続して使っていると、毛穴の黒ずみが目に付くようになってきました。
時々はしっかり汚れを落とせるタイプの洗顔料やパックを取り入れる工夫が必要そうです。

とりあえず、普段使っているハーバーのオイルクレンジングで洗ってみたら・・・
かなり落ちました!ほっ。

で、前回から考えていたボディ用のオイルローションを作ってみました。
お気に入りのローズウォーターに、肌に優しいカモミールローマンの精油の組み合わせです。
精油の濃度も薄めなので、顔にも使えますよ。

<材料>
ローズウォーター(芳香蒸留水) 45ml
マカデミアナッツ油またはホホバ油 5ml(小さじ1)
カモミールローマン精油 2滴

1.マカデミアナッツ油に精油を落とし、よく混ぜる。
2.保存用の容器に移し、そこへローズウォーターを注ぎ、蓋をした状態でよく振る。

容器は100円ショップに売っている詰め替え用のものでもokですが、
遮光性のあるガラスビンだとローションが劣化しにくく尚良いです。

注)
・油と水の組み合わせで分離してしまうので、使用前は必ず振ってください。
・冷暗所保存で2週間をめどに使い切ってください。

さっぱりべたつかないので使いやすいです。
でも乾燥が激しい時はやっぱりブレンドオイルが良いんですよね~。

他にもシアバターを使ったものなど、もっと良いものはないか考えてみたいので、できたら随時UPしますね!

11:44 ◇手作りアロマ&ハーブ | コメント(0) | トラックバック(0)

冬に向けて乾燥肌対策はじめました

2008/11/14
どんどん冬が近づいてますね。
寒暖差が激しい帯広は、最低気温がすでに氷点下の日も多くなってきました。
寒くなってくると毎年悩まされるのが・・・乾燥肌。
今まで使っていたスキンケア用品では、肌が痒くなったりピリピリしたりと
対応できなくなってきました。

顔に関しては特に気になるので、まずは洗顔料を変更。
ここ2,3年、冬にお世話になっている
オーブリーシーウエア・フェイシャルクレンジング
今年も購入しました。

乳液タイプでまったく泡立ちのないコレを濡らした手の平にとり、
お顔に軽くクルクルと塗る感じで汚れを浮かせ、水で洗い流します。
これ一本で軽いメイクも落とせますよ。

うるおい強力タイプなだけあって、慣れないうちは何度洗い流してもまだ
洗顔料が落ちていないような気がするかもしれませんが、そこは程よいところで
切り上げてタオルで拭き取ると・・・

本当につっぱりません。

なのでその後のスキンケア用品は特に変更なく、今までと同じもので対応できています。

ちなみに私の基礎化粧品&メイク用品はハーバーで、
もう5年以上使っています。
(まるで万田久子のようだ・・・)

もちろん精油を使った手作りローションやオイルも合間に取り入れたりしますが、
なぜか基本はコレ。
地味だけど信頼のおけるメーカーという印象で飽きないのです。




入浴後のボディに関しては、自作のブレンドオイルを塗布しています。
最近作ったのは・・・
・マカデミアナッツ油20ml
・精油 (ローズウッド2滴、ローズオットー1滴、ネロリ1滴)

リラックス作用も期待してリッチな組み合わせにしてみました。

これ以外におススメな精油は
サンダルウッド、パルマローザ、ゼラニウム、フランキンセンス、ラベンダー、
カモミールローマンなど・・・。
作る日の気分によって色々変えています。

ただ、オイルの場合、急いでいる時などちょっと面倒でもあります。
保湿したけれど時間が経ったらなんだかまた乾いて痒くなってきた・・・なんて場合もあるし。
こんな時はサッと手軽に使えるものが良いですよね。
オイル入りのローションなどを一本作っておくと便利そうです♪

レシピは・・・実は今、思いついたので思案中です。
次回に感想と合わせてUPしたいと思います。

注)記載した自作のアロマブレンドオイルは2週間程度で使い切るようにしてください。

20:09 ◇手作りアロマ&ハーブ | コメント(2) | トラックバック(0)

タッチングと傾聴の力

2008/11/04
今から数年前、ある病院でボランティアをしていたことがあります。
その病院は院内ボランティアに結構力を入れており、専属のボランティアコーディネーター
さんも働いていらっしゃるくらいでした。

私はそこで月に一回行われるリラクゼーションの会に参加し、足浴とフットトリートメントを
担当することになりました。
主に入院患者さん対象のものなので、薬理作用があって注意が必要な精油は使わず、
キャリアオイルのみで膝から足先までを行っていたのですが、皆さんとても喜んで下さり、
サロンで働いている時の接客とはまた全然違う充実感を覚えたものです。

そんな中、いつもの行事ボランティアとは別に、入院患者さんからの依頼があり、
個人的に病室を訪問してトリートメントを行うというパターン
も出てきました。
そこでの対象者は主にがん患者さんでした。

訪問する時はいつも、ナースステーションで
「患者さんの今日の体調はどうか?トリートメントを行っても問題ないか?」を確認し、
OKであれば病室を訪れて、手や足などのトリートメントを行っていました。

ここでは患者さんの希望があれば、お好きな精油をティッシュに垂らし、トリートメントと同時に
芳香浴も楽しん頂いたりもし、ちょっとだけアロマテラピー色も出せて嬉しかったです。

そんな数名の患者さんの中で、今も強く印象に残っている方がいらっしゃいました。

その方、Aさんは60代くらいの独身女性。
がんの再発に伴い入院、つい数日前から抗がん治療を始めたばかりで、
色々大変そうな時の依頼でした。

噂によれば、Aさんは病院側にとってはちょっと気難しく扱いにくい患者さんだとのことでした。
「生い立ちが複雑そうで・・・」なんていう、どこまで事実なのかわからないような話まで
耳に入ってきたので、最初は私も少し緊張しました。

でも実際に私と向き合った時のAさんは、ちっともそんな様子はなく、

目の前にいるのは、辛くて孤独で不安で心配で・・・
世界のすべてに怯えている一人の少女。


まるでそんな印象でした。


「3日前から治療を始めたのだけど、もう調子が悪くて・・・。」
「そうなんですか?大変ですね・・・。」


Aさんの辛さや愚痴を聴きながら、足のトリートメントを行っていると、
色々なものが込み上げてきたのか、いつのまにか涙を流され、
「ありがとう。ありがとう。」と、
こちらが戸惑うほど感謝の言葉を返してくださり、私も思わずもらい泣きしそうになりました。

そして・・・「さあ、これで終了しましたよ。」と声をかけると、
それまでベッドに横たわっていたAさんはムクッと起き上がり、

「あらっ、一人で起き上がれたわ!さっきより身体が軽くなったみたい!」

と、急に元気な様子になられたのです。
表情も始める前よりずっと明るくなられ、こちらもビックリ!
こんな経験は初めてで、自分のたったこれだけの行為でこんなに人の役に立つことが
できるなんて・・・と思うと信じられないものがありましたが、すごく嬉しかったです。

当然のごとくAさんはこの結果に喜ばれ、
この後も定期的にトリートメントを行うことになりました。
トリートメントを時々取り入れることによって、
治療に対しても前向きになってくれたような気がします。

2回目以降の時もこんな感想を受け取りました。

「いつも夜になると微熱が出るのだけど、足(のトリートメント)をやってもらった日の夜は
熱が出ないのよ。」


こんなことってあるのだろうか!?これもまた驚きです。


私がAさんに対して担当できたのは4回ほどでした。
自分が多忙になり、ボランティアを辞めることになってしまったため、他のボランティアさんに
引き継いでもらったのですが、この時の経験は何年経っても忘れられません。

ボランティアでは、サロンで健康な方に接するだけでは得られない、大切なポイントを
学ぶことができたような気がします。

病気を抱えている方は、Aさんだけでなく他の方も一様に色々なものと戦っています。
それは病気に伴う辛い症状だけでなく、大きな不安感や孤独感、恐怖・・・
こういう心理的なストレスも症状に負けないくらい強く抱えているもの。
ちょっとしたことに対しても敏感になって落ち込んだりしやすいのと同時に、
ちょっとした優しい行為にもまた、敏感に反応しやすくなっているようです。


・・・だから、返ってくる「ありがとう」のシャワーもまたすごいんです。
それはもう、降り注いでくる感じ。まさにシャワーなんです。

Aさんがたった20分間の足のトリートメントで変化したのは、恐らく・・・

お話(辛さの吐露)に耳を傾けることで、
私に対しての信頼感が生まれ、
信頼感が生まれることによって、「これはきっと良いものなんだ。」と身を委ねて
トリートメントを受ける体制が整い、
さらに“肌に触れて撫でる”というトリートメントの行為そのものが持つリラックス作用が
促されて、
自律神経系のバランスが整うよう上手く働いてくれた・・・
その結果に伴うものだったのではないかと今は思っています。

私はこの時の経験によって、ますますトリートメントに興味を持ち、アロマセラピストに
なりたいと、強く思うようになりました。
こうしてブログに綴っていると、あらためて縁あって出会ったこの病院にも患者さんたちにも
感謝の気持ちがこみ上げてきます。

今もクライアントさんと接する時の心構えとして、この時の経験が無意識のうちに
生きている気がしています。
私にとって本当に必要な経験のひとつでした。


00:07 ◇タッチングと傾聴の力 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。