06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ストロベリーの芳香蒸留水

2012/05/31
精油を水蒸気蒸留する際、同時に得られるフローラルウォーター。
定番なのは
ローズ、ネロリ、カモミール、ラベンダーなどですが
先日ネットで見かけた珍しいモノがとっても気になって
購入しちゃいました。

それは、なんと。。。
ストロベリーフルーツウォーター

イチゴの果実から得たものです。

ストロベリーウォーター
商品の詳細はsysorpさんのサイトをご覧になってみてください。

「ホントにイチゴの香りがするのかなあ?」
と半信半疑のまま、手のひらにシュッとひと吹きしてみると・・・

ホントです!
まさしくあのイチゴの甘酸っぱい香りが・・・

ちょっと感動。。。


以前
アロマテラピーに馴染みのない方に精油を紹介したとき
「どんな香りが好みですか?」と訊ねたら
「イチゴのような香り!」と言われ
戸惑ったことがありました。

無いんですよね・・・精油にイチゴは

その方は精油の香りに苦手なものが多く
イチゴ以外ではかんきつ系にのみ、好反応を示していました。

日本人は体臭も薄く、欧米のように香りをマナーのひとつとして
教育される機会も少ないせいか
最初は精油の香りが苦手・・・という人も実は結構いらっしゃいます。

そんな方にピッタリのこの一品! ←なぜかTVショッピング風

このまま化粧水としての使用も良いですが、
香りが結構持続するので
ライトなコロンとしても良いかも♪

個人的には、
顔に甘さが強い香りが継続するのは濃すぎる感じがするので
コロン使用で行きたいです。

また、エタノールと他の精油とブレンドして
精油だけでは作れなかったフルーティーなオリジナルコロンを
作ってみたくもなりました。

ちょっと研究してみます!
スポンサーサイト
22:58 ◇手作りアロマ&ハーブ | コメント(1) | トラックバック(1)

お気に入りハーブティーブレンド・その2

2012/04/26
札幌はここ2,3日暖かくて気持ちいい~陽気
・・・と喜んでいたのに
今日は朝から強風が吹き荒れています。

さ、寒い・・・。
北海道だけなのでしょうか?

こんな日はまたしても温かいものが恋しくなります。
温かいものといえば・・・

の流れで
またしても私が時々楽しむハーブティーブレンドのご紹介をしちゃおうと思います♪


★ジンジャー+カルダモン+レモングラス+リコリス

“温め系”の王道!といえば、真っ先に浮かぶのがジンジャーですよね。
ここ2,3年は大ブーム。
ジンジャーエキスにシロップ、色々な物がスーパーでも目に付きました。

私はハーブティーを購入するときに、一緒にドライのジンジャーも買ってしまうので
それを使っています。
これに相性も良く香り高いカルダモンを加え(大好きな香りです)
さらに毎度おなじみの飲みやすいレモングラスと
ほんのりした甘さを演出してくれるリコリスでブレンド。
ちょっと甘みがあると、気分もほっとしますよね。

カルダモンは一粒をばらして、中の種から成分が溶け出しやすくしておきます。
ジンジャーやリコリスは、辛さや甘さの好みで加減して
バランスを考えると、量的にはやっぱりレモングラスを中心にするのが美味しいです。



そしてお次は温め系というより“リラックス系”ですが・・・

★アッサムティー+ラベンダー

コクのあるアッサム紅茶を使います。
これは私のオリジナルではなく、市販のブレンドティーにあったものです。

数年前、友人宅で初めていただいた時
「うわ!なんて美味しいの~!」と感動。

ちょっと重めのコクとラベンダーの香りが口の中に広がって
おやつのクッキーとの相性も最高に感じました。

この2種のブレンドが合うなんて、
それまではまったく予想できていなかった私。
だからこその発見&感動でした。

よく考えてみれば、ローズを加えた紅茶なども有名だし
“予想外”と驚く自分が単なる無知だったのかもしれませんが

とにかく「ふう~っ」と心が落ち着きます。

それ以来、自宅でもアッサムティーとラベンダーを用意して
ラベンダーの割合を考えながら時々ブレンドしています。
ラベンダーは、そのままシングルで飲むには苦くてまずいので
他のお茶やハーブを香りで引き立てるよう、少量加えるのが良いですね。

リラックス系といっても紅茶にはカフェインが含まれているので
就寝前は避けた方が良いかも。

やっぱりアフタヌーンティーがいちばん!

でも
お口の中にフローラルな香りが広がるのが苦手な方には
おすすめできないかもしれません。
バラの香りのガム「○○」が昔ダメだった人とか・・・


ご興味あったらぜひ試してみてくださいね~~







18:06 ◇手作りアロマ&ハーブ | コメント(0) | トラックバック(0)

お気に入りハーブティーブレンド

2012/03/28
毎日の飲み物はお茶派です。

元々コーヒーが苦手な方で、ジュースはカロリーも気になるし・・・
あっ、トマトや野菜ジュースは好きなんですけどね。
(最近は炭酸水で割ってサッパリ飲むのがマイブーム♪)

なんて思っているうちにお茶、特にハーブティーを飲むことが
日常的になっていました。

今は最初から美味しくブレンドされたお茶が売られていますが
私はブレンドを自分で考えるのも好きなので、もっぱらシングル買い。
毎日普通に3~4杯は飲んでいるかな?

たまにジュースを飲んでみると、ものすごく!甘くてびっくりです。
一缶飲めなくなってしまいました。



今まで飲んでみた中で
お気に入りブレンドを少し紹介しますね!


★レモングラス+ローズヒップ+ルイボス+レモンピール(またはオレンジピール)

レモングラスはそのままシングルでも美味しく飲めて出番の多い
初心者さんにもおススメハーブですが、このブレンドはさらに美味しいです♪
ルイボスと柑橘系の皮を加えることで
レモングラスのレモン風味がよりしゃきっと前面に出てくる感じ。
ローズヒップのほんのりした酸味も合ってます。
あくまでもレモングラスをメインにしたいので
他の3つは少量ずつにするのが良いと思います。


★マルベリー+そば茶+緑茶

これはハーブティーというより日本茶感覚で楽しめます。
私は食事に気をつけていないと低血糖になりやすい体質で
血糖値を急降下させないために、甘い物や炭水化物ばかり食べないよう気をつけています。
これらの食品は「高GI食品」といって、食べると急激に血糖値が上がり
その反動で今度は血糖値が急降下しやすいんですよね。

マルベリー(桑の葉)やそば茶は、食事のときに一緒に飲むと
血糖値の上昇を抑えてくれるそうです。
糖尿病の方にももちろんおススメ!

この2つの組み合わせだけでも十分美味しいのですが
緑茶をプラスしたらもうちょっと味が締まるかな?
と思い少量加えてみました。
うん、バッチリ!です。
マルベリーとそば茶は同じくらいの量で、緑茶はアクセントに少なめが良い感じです。


まだこの他にもあるので、時々UPしますね~




21:42 ◇手作りアロマ&ハーブ | コメント(0) | トラックバック(0)

心洗われる・・・フランキンセンスのローション

2012/03/02
たくさんある精油の中には

いつも大好きな香り
いつも苦手な香り・・・
その時によって心惹かれたり、ダメだったり・・・


なんてものに分かれてきますよね。

フランキンセンス、和名は「乳香」。
古代から用いられてきた、中近東原産の木の樹脂の香り。
イエス・キリストが誕生した時の貢物のひとつでもあった
当時は宝石と同じような価値を持っていた香り。

私は長い間、この香りが苦手でした。

でも
香りの好みは、試しているうちにいろいろ変わってくるもので
去年から「あっ、いいな!」と感じることも出てくるようになったのです。

去年は定期的にアロマ教室を行うことになり、本番前はちょっと緊張しがちだったので
心身を鎮静させすぎず、ほどよい冷静さを保てるように
ペパーミントとブレンドしたものを芳香浴に使っていました。

フランキンセンスは、呼吸をゆっくり深くさせてくれるので
なかなかお助けになってくれましたよ!


また、この精油はスキンケア用としても評判が良く
しわを予防する働きがあると言われています。

ということで、アンチエイジング対策がすでに必須となっている
ワタクシには嬉しい精油。

でもまだ個人的には
“その時によって心惹かれたり、ダメだったり”系に分類される香りなので
お顔のスキンケアに用いることはないまま、日が過ぎてしまいました。

ああ!もったいない!もったいないこと・・・

フランキンセンス単独を顔に付けるのは、きつく感じてしまうかもしれないけれど
ブレンドではいけるかも・・・と思い、チャレンジです。

相性が良く、同じくスキンケア向きのゼラニウムも加えて
自分用のローションを作ってみました。


材料は
スィートアーモンド油 3ml
ローズヒップ油 2ml
精油(フランキンセンス1滴、ゼラニウム1滴)
精製水 45ml

乾燥対策、美肌対策を意識した植物油と一緒のオイルローションです。

これをスプレー容器に入れて、毎回使用前によ~く振って
水にオイルが分散しているうちにシューーーーッとすると・・・

う~~ん、さわやか!心地よい
独特だけど、なんだかクセになる香りです。

タイトルにも思わず入れちゃいましたが
「心洗われる」
まさにそんな気分♪
大成功でした。

朝のお目覚めや、頭がボーっとして眠いとき、
なんだかテンションが上がらないときの気付けとしても良さそうです。




香り選びは基本的に
不快、イヤ、苦手・・・と感じたものは
“そのときの自分には必要の無いもの”と考えて
無理に使うことはありません。

ただ、体調や嗜好、心理的な変化によって
以前は嫌いだったものが、いつのまにか好きになっていた・・・
なんてことも良くあるので、
苦手だった精油も時々チェックしてみると面白いですよ。













17:56 ◇手作りアロマ&ハーブ | コメント(1) | トラックバック(0)

自分を癒す香油ブレンド

2012/02/08
久しぶりに自分用の香油をつくってみました!

今日の直感で選んだブレンドは

ベルガモット 2滴
ローズオットー 1滴
クラリセージ 1滴
クローブ 1滴
ミルラ 1滴


の計6滴。

最初に決めたクラリセージとローズオットーを中心に
トップノートやミドルノートのバランスを考慮して完成。

香油はオーデコロンや香水のオイル版。
アルコールに溶かすオーデコロンや香水は
ぱあーっと香りが広がりますが
オイルに溶かした精油成分は
じわーっと自分の周囲で香ってきます。

オーデコロンや香水が「他人に向けての自己表現」
であるとするならば
香油は「自分を満たし癒す香り」
といえる気がします。

薄める植物オイルは、匂いがほとんどなく酸化しにくい
ホホバオイルがおすすめです。

今日はホホバオイル5mlに上の精油を溶かし、6%濃度にしました。
(ホントは5滴で5%にしたかったのだけど、ベルガモットの香りが弱いもので・・・)

これを1滴手首や胸元に落としてみると・・・

最初にローズオットーの暖かで優雅な香りが
追ってクローブやミルラなどのスパイシーで渋みある香りが
立ち上ってきました。

落ち着いて品のある、それでいて芯にはどこかしっかりした
男性性も併せもつような、大人の女性。
そんなイメージです。

有名人に例えるなら、夏木マリさんとか?

スパイシーさをもう少し和らげるなら
クローブをブラックペッパーに
甘さを加えたいなら
ベルガモットをオレンジスイートに
変えてみると良いかも!?



この香油ブレンドを使う注意点としては
皮膚刺激に注意が必要なクローブを入れている点と
6%という高濃度であること。

敏感肌の方はパッチテストで事前に皮膚の状態に問題がないか
チェックしておく方が良いですね。

ベルガモットは「光毒性成分」を除いたタイプを使用したので
昼間の使用も大丈夫です。


※光毒性成分とは
肌に塗った部分を直射日光に当てると、紫外線に反応して皮膚が赤くなったり色素沈着の原因になったりするおそれがある成分。ベルガモットには特に多く、通常タイプの精油なら半日以上は日光を避ける必要があります。


>>続きを読む・・・
18:28 ◇手作りアロマ&ハーブ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。