10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

日本の香木・香草―香る花・木・草220種

2013/08/20
まだまだ暑い日は続きますね。

北海道の夏は涼しいのが自慢・・・だったはずなのに
最近は湿度の高い日が多く、洗濯物もすっきり乾かない。

今日は久しぶりに湿度が少し下がってくれたようですが・・・
今後も毎年こんな感じなのかしら?

と、ぶつぶつ言ったりしてますが、
強い日差しを避けながらも時々散歩を楽しんでいる私です。

林や大きな樹木の影に入ると
適度な風さえ拭いてくれればそれなりに気持ちいいです。
午前中くらいですが・・・

最近は道端に生える草や花、街路樹なんかを
今まで以上に じ~っくり 観察することが多いです。

でも意外と
馴染みある身近な植物だけど、実は名前も知らなかった!
なんてことが多いですよね。

この本は結構前に購入したものなのですが、
日本の香木・香草―香る花・木・草220種日本の香木・香草―香る花・木・草220種
(1998/01)
舟茂 洋一馬場 篤

商品詳細を見る


そんなときにパラパラ開いて読んだりするお気に入りです。
(香りを持つ植物限定ですが)

ひとつひとつの植物に解説と写真が付いているので
植物カタログ、といった感じですね。

散歩やアウトドアに出掛けるときに、一緒に持って行くと
それまで雑草程度にしか見ていなかった植物たちが
ぐっと身近に可愛く見えてくるのでは?

アロマテラピー勉強中の方にも参考になると思いますよ


p.s.
どうも絶版(?)のようで、アマゾンでも中古品しか売っていません。
私が買ったのも中古本でした。

スポンサーサイト
16:26 ◇アロマ関連書籍 | コメント(1) | トラックバック(0)

スピリチュアルアロマ

2012/08/15
熱狂のオリンピックは終わりましたが、お盆休みの真っ最中。
お墓参りや親族との再会、家族でお出掛けなどが続いているのでは?
静かな日常モードに戻るのは来週からでしょうか。

からだ、疲れてませんか?

元々道央圏出身の私は
帰省の移動疲れなどには無縁ですが
オリンピック競技や開閉会式が気になって
睡眠リズムが乱れたり、ついネットを観すぎちゃったりなど・・・
ここ2,3日はちょっと体調がダウン気味。

首・肩のひどいコリ、頭痛、倦怠感、日中の眠気・・・
自作のアロマジェルでトリートメントしてみても
コリはすんなり取れず・・・

からだが重いとメンタルも合わせて重くなってくるんですよね。

「うわ、これはちょっとまずいなあ」

心身全体がバランスを崩している感じです。

で、「こんな時は・・・」と
久々に取り出したのはこの本↓

『スピリチュアルアロマテラピー入門』
スピリチュアルアロマテラピー入門―精油からの素晴らしいメッセージを受け取って下さいスピリチュアルアロマテラピー入門―精油からの素晴らしいメッセージを受け取って下さい
(2008/07)
吉田 節子

商品詳細を見る


36種類の精油がスピリチュアルな側面で紹介され
それぞれに対応したカードが付属されています。

ふだん精油を選ぶ時は、
その精油がもつ成分の効能や昔から言い伝えられてきた方法、
そして単純に好きな香りを基準にすることが多いですが

なんだかよくわからないけれど体調がイマひとつ、
気分が上がらない日が続く、

なんて時に

「今日の私の状態にいちばん良い精油は何ですか?」

とカードに訊ねながら一枚ひくと
結構その時の状態に合った精油が導き出されたりするんですよ。

今日、私が引いたのは、ローズマリーのカード。

「うん、なるほど!」

この脳内ボケボケ、からだダルダルの状態にはまさしくピッタリ!の
心身を活性化させてくれる植物です。

さっそく精油ビンのフタを空け、漂ってくる香りをかぐと
クリアでシャープな香りが染み渡ってきます。

「あー、気持ちいい・・・」

本の解説をじっくり読みながら、しばらく嗅ぎ続けていると
気になっていた右目の奥の頭痛が少し和らいでくる感じ。

これだけで一気に体調が戻ったわけではありませんが
この後、シャワーを浴びて
用事を足すため外出をして
帰宅するまでにはすっかり戻っていました♪


この本の著者、吉田節子さんは元々薬剤師で
その後アロマテラピーの世界に入ってきた方ということで
最初はもっぱら精油の化学的な側面に目を向けて
講師活動をされていたようです。

多忙を極めながら、自分自身を癒すことを忘れて疲れきっていたときに
ふと手に取った精油の香りをあらためて味わい、癒され、
化学的な効果効能だけではない、精油の大きな力に気づかれたそうです。

ちょっとわかる気がします。

精油成分の化学的な側面はもちろん大切なのですが
そればかりに目を向けていると、
左脳ばかり使うアロマテラピーになって行き
私自身もだんだん疲れてきます。
なんだかバランスが崩れてくる感じで・・・

そんな時に
カードで直感的に精油を選んでみたりするのはとても新鮮!

私は最近のスピリチュアル的な分野には
あまりくわしくない人間ですが
その時々の状態に「なかなか合ってるかも!」
と感じる精油が選ばれるのは面白いです。

スピリチュアル好きな方はもちろん
いつものアロマテラピーとはちょっと違うアプローチで
楽しんでみたい方にもどうぞ♪

19:01 ◇アロマ関連書籍 | コメント(1) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。